06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

娘のロンドン土産

2012.11.27 (Tue)

スパイスティーw

英国土産はスパイスティー。

ムッシュが先週誕生日でした。
還暦ですよ。
私も来春55歳。

私が社会人になった1981年はまだ、多くの会社が55歳定年だった、と記憶している。
そっかー、そんな年かー。
ちなみにムッシュは年金の受給手続きをしている。
「あれ、年金って65歳からじゃなかったの?」と聞くと、娘が生まれる直前まで勤めていた広告プロダクションの会社員時代のものだって。ふーん、こんなちょっとでもちゃんといただけるんだー。と妙に感心してしまった。

今年23歳になった娘はもうすぐロンドン旅行から帰ってくる。7歳のときに住んでいたロンドンを日本人学校の時の友人と一緒に再訪しているのだ。

私たち夫婦は結婚して5年間、共働き生活を謳歌していた。あるときムッシュが耐えられなくなったのだろう。
「頼むから産んでくれ。後は何とかする。」と宣言。私の妊娠を機に本当に会社を辞めてしまった。
コピーライターなら自営ができて、育児と両立できると踏んだ、と本人は言うが、絶対ムッシュは、ジョン・レノンの真似をしたかったのだと思う。

主夫になったジョンがショーンを乳母車に乗せて、セントラルパークを散歩するシーンはめっちゃカッコよかったもん。

ちなみに娘は長崎屋の遊具が大好きで、ムッシュはおしゃれな公園ではなく、屋内遊技場で娘にガチャガチャをせがまれたり、保育園の餅つき大会に駆り出されたり、理想とはちょっと違うけれど、育児のほとんどを担ってくれた。いつも家にパパがいた。

だから、広告業界に見切りをつけて、歴史を学びにイギリスへ行きたいとムッシュが言ったとき、別々に暮らすことなんて考えもしなかった。そう、私も退職。一家三人無職になって、貯金をはたいてロンドンに行っちゃったのです。

私の同期からは「かわいそー。ご主人のためにキャリアを捨てたのね。」とずいぶん同情されたけど、私たち一家のロンドンでの一年半は宝物でしたね。ムッシュは勉強ばかりしていたし、私は毎日料理ばかり作っていた。週末は家族で公園で散歩に来ているワンちゃんと遊んだり、ダウンタウンで大道芸を見物したり、お金がなくても楽しかったなあ。

娘がロンドンから帰ってきた。
子供のころ近所のお店でよく買ったキンダーサプライズのチョコやポテトクリスプスがスーツケースからどっさり出てきた。
「よかったよー。ロンドン。定住したいな。」
ムッシュにロッドスチュワートのクリスマスソングのCD、私にはノッティングヒルの本屋で平積みで売られていた料理本を手渡しながら、おおはしゃぎだ。このスパイスティーもハロッズで買ってきたもの。ショートブレッドとチョココーティングのレモンはフォートナム&メイソンです。

明日から会社だからとぐうぐう寝てしまった娘を見ながら。ムッシュは「僕らのロンドンは大正解だったね。」と
つぶやいたのでした。。。。

※ちなみに、私たちのロンドン生活はムッシュが「僕のロンドン・家族みんなで英国留学」という本に綴られています。中古ならまだ手に入るかもしれません。よろしく


♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね

スポンサーサイト
18:13  |  おうちのこと  |  Comment(0)

梅干2012

2012.06.20 (Wed)

梅2012w

今年も梅、つかってます。

去年たくさん作りすぎまして、今年は例年の半分2kgだけにしておきましたが、とても作りやすい量ですね。

我が家の梅干の塩は梅の13%、角砂糖6パーセントで作ります。

この南高梅をカゴに入れて、レジに並んでいたら、後ろの奥様が「梅干をお漬けになるの?お偉いわあ。」とほめてもらっちゃった。

23:45  |  おうちのこと  |  Comment(0)

旅立ちの春

2012.04.01 (Sun)

いつもいっしょw


いつもいっしょ

まだ寒い日が続きます。娘が就職して一年が過ぎました。新人とはいえ、雑用やらお付き合いやらで、休日も忙しそうにしていた娘も、今日は久しぶりに終日家ですごしています。ナナも娘から離れません。

私の友人から卒業式が終わったとメールがありました。配属先も決まったらしい。
「旅立ちの春だね」と返信し、あーよかった、と心から彼女の門出を祝福しました。

前職で私のちょっとだけ後輩だった彼女は、昨年の今頃、その航空会社の整理解雇の対象となり、退職したのです。
一時、どどんと落ち込んだ彼女は、それでも2週間で立ち直り、電車の中吊り広告で見つけた福祉系の専門学校にすぐ入学。社会福祉士の勉強をして、若いクラスメートと一緒に就活。年明けには国家試験にも合格し春からはケースワーカーとして働くことになりました。彼女の年齢ははっきり知らないけれど、50歳より上なのは確か。

先日我が家で小さなお祝いパーティをし、ムッシュと娘と私とで、彼女の話をたくさん聞きました。
去年より若返って、きれいになっていた彼女と、シャンパンとトマト鍋をたくさん頂きました。

「介護の業界って、まだまだ人手が足らないのよね。」と生意気なことを言っていた娘も、彼女がさらに大学院で研究したいテーマがあるのよと、そのまた先の未来を語っていたのには、深く感銘を受けた様子。

※その直後、あの整理解雇は不当だと乗務員たちが起こしていた裁判が棄却になったニュースを見た。原告団には私や彼女が見知った顔があったけど、今の私たちにはなんだかとても遠い話にうつる。
16:27  |  おうちのこと  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。