10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

豆腐キッシュ@「あさチャン」

2015.03.17 (Tue)




<キッシュホールw

冷凍パイシートで手軽に。

本当は、粉から練りこみパイを作るとおいしいのだけれど、冷凍パイシートだとさくさく軽めに、とっても手軽に作ることができます。したがって、「あさチャン」豆腐クリームの取材では、冷凍パイシートを使いました。2度焼きするのはまったく同じです。※レシピは昨日の記事を参照下さい。

朝からキッシュを焼いてその一部始終を撮影してもらいましたが、おそらく放映されるのは数分、いや数秒ですね。
私ってば、作るのに必死で、ディレクターさんの質問にうわの空で答えていたのでした。
だってあとからインタビューがあるかと思ってたんです。おしまい、と聞いてびっくりしました。
どうだろ。明日の放映。あまりにも「素のまま」の私かもしれない。

豆腐クリームの特集は番組後半です。
私が紹介した豆腐のキッシュのレシピは、昨日再アップしました。
下のほうの「〉次の記事」をクリックしてね。5年前の記事です。ふふふ、時代がやっと私に追いついたか。

それにしても、私のブログを見て、お話をいただいて、「明日伺います」とディレクターとADさんが朝7時にやってきて、ものの2時間で帰っていきました。さすが、朝の情報番組。このスピード感。たいしたもんです。
やさしいお姉さん方に、ナナはメロメロ。すっかりなついてしまいました。さすがです。
ディレクターは、ディレクションだけかと思っていたのですが、ほとんど一人でいろんなことをするんですね。
聞けば帰ってすぐ編集作業をするそうな。デジタル化で一人の仕事量は増えているんだろうな。
でもそのかわり、自分の思う番組作りができるのかもしれない。
プロフェッショナルなお仕事ぶりに、感服いたしました。

TBS取材中2w



スポンサーサイト
21:49  |  パイ  |  Comment(0)

玄米入りピクニック・パイ

2011.05.03 (Tue)

ピクニックパイw

さあ、お出かけしましょう!!

久しぶりにカメラを使いました。昨年末から肩が上がらなくなり、ついにカメラを支えるのもつらくなってしまったのです。いわゆる「五十肩」というやつです。震災で職場に泊まり込んだり、いろいろと状況が変化して、治療に通えず悪化させてしまいました。

今通っている整形外科が合っているようで、つり革を握ったり、カメラを構える姿勢も維持できるようになってきました。まだリハビリ中ですけど、希望が見えてきました。ぼちぼちブログを再開させていただきます。

本日のパイはテレビで「イタリアン・ピクニック・パイ」として紹介されていたものです。テレビでロンブーのアツシ君があまりにもおいしそうに食べていたらしく(←こういうところが女心をつかむんですよね)、娘が「食べたい」とせがむので、少し手を加えて再現してみました。オリジナル版は、パイ生地をそのまま使い、オーブントースターで簡単にできるのですが、マダムとしては、せっかく材料をそろえるのだから、生地を型に伸ばして、オーブンで焼き、切り分けてみんなで食べられるようにしてみました。ご飯も白米ではなく玄米にしたので、ボリューム感が増します。なかなか豪華な一品でしょ?

ワックス紙につつんで、娘と映画館で食べました。

前から見たいと思っていた「英国王のスピーチ」です。
コリン・フォースと ジェフリー・ラッシュの芸達者の掛け合いだけで十分見応えがあります。
ラスト近く、娘に「さあ、エリザベス。」と声をかけるシーンがあり、あ、そうか現女王のお父上のお話だったのね、と時代背景が少しわかりました。
それにしても、シンプソン夫人って、このイメージ?もっと美しく知的な人かと思っていたけれど、よっぽどイギリス人はこの人が嫌いなのね。

そういえば、イギリス映画「ラブ・アクチュアリー」でもアメリカ女性はなんだかアホ扱いされていたっけ。「ラブ・アクチュアリー」も見たくなった。コリン・フォースさん、小説家役で出ていて、素敵だったもの。そしてジェフリーラッシュ主演の「シャイン」もまた見たい。

映画は見始めると、けっこう「芋づる式」になってきますね。でもそれがまた楽しい。

本日のレシピはオリジナルのものを参考になさってください。

知りたがり!で紹介された「イタリアン・ピクニック・パイ」
19:52  |  パイ  |  Comment(0)

ほうれん草と豆腐のキッシュ。

2010.08.27 (Fri)

wほうれん草キッシュ

ベジタリアンの定番パイと勝手に思ってます。

ふつうキッシュは卵と生クリームをベースにした生地ですが、これは豆腐を使っています。あっさりとして止まらない味。甘くないおやつとしても、おもてなしにも好評です。

私が初めて「ベジタリアン」を知ったのは、C/A時代サンフランシスコで、でした。まったく偶然見つけた「GREENS」という名前のレストランで生まれて初めて豆腐ベースのキッシュを食べました。たしかヒジキも入っていてびっくりした記憶があります。メニューにも“HIDIKI”とか“TOFU”となっていて、すでにベジタリアンの食材として定着していたのです。20年以上前の話です。だって「豆腐」って「Bean Curd」でしょ。Tofuで通じるなんて思ってもいなかったので、ちょっと誇らしい気持ちになりましたね。

このほうれん草キッシュを作るたび、なぜか当時の感動もろもろを思い出します。

きょうは写真も奥がいい感じにボケました。

一眼レフカメラを買っても、最初はオートで撮ることしかできなかったけど、最近やっと自分で「絞り」を調整できるようになりました。一番役に立ったのは、川合麻紀さんの「はじめてのデジタル一眼」という本。「そうそう、こういう写真が撮りたかったの!」というお手本が満載で解説もわかりやすくて重宝しました。

(ところで今調べたら、「GREENS」は現在も変わらず営業しているようです)

♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらポチッとお願いします


レシピは次のページです。クリックしてね。
↓   ↓    ↓
23:05  |  パイ  |  Comment(0)

ごちそう玄米タルトです。

2010.01.19 (Tue)

12733288914be574fbafed1_import.jpg


パイが焼けるとカッコいいよ


イギリスの料理学校で学んだことは、本当にたくさんあるけれど、最初の先生がおばあちゃん先生で、アップルパイやレモンメレンゲパイ、ミンスミートパイなど、毎回パイばかり作らされていたことが後々とても役に立った。イギリスの場合、パイの部分は「ショートクラストペストリー」と言い、「粉の量の半分の油」と覚えておけば簡単に作れる。パイ生地の材料の薄力粉とバターは常備しているから、ありあわせの材料をフィリング(中身というか具のことね)にしちゃえば、すっごいごちそうらしいものが出来上がるのです。

中途半端に余った玄米にたまねぎ、にんじん、しいたけ、豆の水煮を炒め混ぜて、甘辛く味付けてフィリングにして、タルトに仕上げました。いつもの混ぜご飯が、おもいっきり非日常なごちそうになったと思いません?


腹ごなしに夕方、ナナの散歩で近所の神社近くを歩いていたら、「グリコ」「チョコレート」「パイナップル」と言いながら、歩をすすめる懐かしい遊びをしている子供たちがいた。娘に言うと、「意外と子供の遊びって変わらないのよ。この前、『明かりをつけましょ、バクダンに~、ドカンと一発ハゲ頭~♪』歌ってる子がいて懐かしかったわー」。さすがに私はこんな歌知らないけど、少なくとも娘の保育園時代からだから、15年間は歌い継がれていたことになる。そういえば、大阪に行っていた友人が「大阪の子供って、ままごと遊びの時に標準語になるんだよ。」と大発見したように話してくれた。確かに。私もコテコテの関西弁だけど、子供の頃のままごとのお母さん役の時は「さあ、あなた行ってらっしゃい。」とか「残さず食べるのよ」とか気取っていたような気がする。東京弁を使うことで、非日常を作り出していたつもりだったのだろう。「最近の子供は・・・」とかモンスターみたいに言われることもあるけれど、根っこの部分はそんなに変わっていないのかな、と思うのです。
23:28  |  パイ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。