05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

南高梅

2005.06.10 (Fri)

bf7eb2cc.jpg今年も梅干の季節です。
今日いい梅が店頭に出てました。1キロ1280円。粒が大きくて、いい香りがしている。今年は3キロでいいかな。

あした仕事から帰ったら、塩漬けしよう。
スポンサーサイト
02:12  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

スナップえんどうのクスクス和え

2005.06.10 (Fri)

571f0165.jpgクスクスは、一箱500円位するから、ちょっと買うのに勇気がいるけど、常備しておくとほんとに便利。我が家はそばやパスタや春雨と同じ感覚で、いつもキッチンにあります。一食分でカップ半分もあれば、家族3人分のお惣菜が作れます。

昨日「成城石井」でおいしそうなスナップえんどう見つけた。表示は「スナックえんどう」。。。たしか英語で Sugar Snap Pea じゃなかったかなあ。でもスナックえんどうの方が覚えやすいか。何でもいいや。名前だけのことさっ。
さて、今日はこれとクスクスの組み合わせ。クスクスサラダはいつもクミンみたいなスパイスをたくさん使って、エスニックな味にすることが多いけど、今日の主役はあくまでスナップえんどう。だから、味付けはシンプルにした。でも、私の大好きなハーブ「ディル」はたくさん投入しましたけどね。

スナップえんどうの肉厚なのにシャキシャキした食感がたまらない。初夏の爽やかな一品です。作り方クスクス  カップ1/2スナップえんどう  15個くらいディル 刻んで  大さじ1ドレッシングにんにく  半かけ  みじん切りにしてレモン汁  大さじ1強  レモン半個分くらいオリーブ油 大さじ 2塩  小さじ1/4コショウしょうゆ(できれば薄口)小さじ半分1.クスクスは同量の熱湯と塩一つまみ、オリーブ油小さじ1をいれ、さっと混ぜて、ホイル等でふたをして、7分置く。2.スナップえんどうは塩を入れた熱湯で3分ほどゆで、ざるにあけ、少しさまし斜め半分に切る。3.クスクスがふやけたら、フォークでほぐし、ドレッシングの材料を投入。味を見て、塩、コショウを加える。4.そこにスナップえんどうとディルを入れる。5.冷やして食べてもおいしい。
01:03  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

クシガーデン

2005.06.07 (Tue)

都内で知人と会ったのが、たまたま神保町だったので、竹橋まで歩いて、「クシガーデン」に行った。ここは、マクロビオテック・カフェで以前私がホールスタッフのバイトをしていたところ。スタッフで知っている人はもう誰もいないけれど、お店の雰囲気は4年前とほとんど変わっていない。4年前ここには、パトリシオさんと、月森さんがいて私は、こっそり二人の技を盗もうとしていたわけ。二人ともいまや、料理本を何冊も出しているマクロ界のトップシェフです。当時イギリスでヴェジタリアンの勉強をしてきて、ちょっと欧米かぶれになっていた私は、二人のつくる日本伝統の料理をベースにした斬新なアイデアに本当にびっくりしました。本日「玄米キッシュ」を頂きました。おにぎりを食べているような、玄米がしっかり主張したキッシュ。味噌味ベースの赤インゲン豆がトッピングされていて、豆腐生地の「ふた」がかぶせてあって、一切れでお得なキッシュ。残念ながら、クラストがサクサクではなく、固いのがおしい。マクロはバター使えないし、小麦粉も全粒粉だから、仕方ないかな。

今日私は休日だけど、TOEICの試験を受けるため午後5時過ぎに、本社の会議室へ。さすがに夕方からの2時間ぶっ通しの試験はきつい。途中、ぼおっとした部分もあったけど、一応最後まで問題は解けた。この試験を受けること自体が英語の勉強。学校に通うより、はるかに効果がある。
00:40  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

手作りゆる豆腐3兄弟

2005.06.05 (Sun)

193d37f2.jpg前から作りたかった手作り豆腐。といっても大豆からではなく、成分無調整の豆乳とにがりだけで作る簡単バージョン。
冷奴はやっぱり、本当のおとうふ屋さんの豆腐がおいしいと思うので、手作りならではのものをつくってみた。イメージは「茶碗むし」。にがりを少なめにゆるい感じを狙いました。
写真左は、蒸しあがったゆる豆腐にしょうが入りあんかけじょうゆをかけたもの、真ん中は、みょうがと大葉を散らしてわさび醤油で食べるシンプルなもの、右は、わかめとしいたけスライスをいれて蒸し上げ、くずあんをかけたもの。

どれも冷たくしたほうがおいしい。右の「具」が入っているものが、家庭的で茶碗蒸しぽくって、いいかなと思う。

ためしにはやりのデザート「豆花(トウファ)」を作ってみた。上のゆる豆腐と同じ分量に、お砂糖を大さじ1杯加えた。電子レンジが簡単かと思ったが、うまく固まらず失敗でした・・・・。味もいまひとつ決まらず、娘に「豆腐にお砂糖かけた味」と言われた。ま、その通りなんだけど・・・。ですから写真撮ってません。ゆる豆腐(具入り)の材料4人分豆乳400ccにがり  小さじ1具はお好きなものを。しょうがじょうゆあんはお好みのお味で。1.茶碗蒸しの容器に戻したわかめや生しいたけのスライスなどお好みの具を  入れる。2.ボールに豆乳をいれ、にがりを加えてゆっくりかき混ぜる。  目の細かいざるで2回程こし、容器に注ぐ。3.湯気のたった蒸し器に並べ、最初強火で3分、弱火にして12分、蒸す。4.その間、あんを作る、だし汁、しょうゆ、みりん、おろししょうがを鍋に  入れ煮立たせ、くずでとろみをつける。5.蒸しあがったゆる豆腐にあんをかける。冷やして食する。
11:27  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。