07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

かぼちゃの玄米リゾット

2006.08.29 (Tue)

32028c6f.jpg去年もこのブログで紹介しましたが、「ぼっちゃんかぼちゃ」が手に入ったので、今年も早速つくりましたよ、玄米リゾット。前回よりも小ぶりなかぼちゃ。私のげんこつくらいかな。
このリゾットは娘の大好物。「かぼちゃの旬て夏なんだよ」という話から、リクエストされました。夏期講習の帰りにジャンクフードばかり食べてるから、多分体が要求したのね。
でも、受験生の娘が家にいると面白いですよ。今の日本史って、こんな細かいところから出すの?と言うくらいマニアックな勉強してる。だから最近、会話の中に受験勉強の影響が出る出る。「今日さ、白鳳文化の仏像みたいなおばさんがいてさあ・・」のっぺりとした仏像顔?いえいえ、この時代の仏像って、首のところにシワがあるんですって。絶対試験に出ないと思うけど。ちょっと古事記の話をすると、稗田阿礼と太安万呂の古事記編纂風景を再現してくれる。娘のこれは、ちょっとした「芸」の域に入っています。お見せしたいです。
最近の先生(学校も塾も)がいろいろ工夫して教えてくれているのが、よくわかる。黙々と板書を写させるだけだった私の時代とは大違い。娘の高校の古文の先生のプリントは漫画を駆使して、毎回家族で楽しみに読ませてもらっています。源氏物語も更級日記もこんなに面白いものだったとは・・・。

受験生をお持ちのご家族様、この玄米リゾット、作ってあげてくださいな。
ぼっちゃんかぼちゃの大きさはこれくらい。ご参考までに。


ぼ玄米炊いたもの  250gかぼちゃ     400gたまねぎ     1/4 個 みじん切りにんにく     1かけ  みじん切り豆乳       100cc水        300cc粉チーズ     大さじ 2塩コショウ1.かぼちゃは種を取り、電子レンジで柔らかくして、中身をくりぬく。2.たまねぎとにんにくを炒め、玄米を加え、すぐ水とかぼちゃを加える。3.かぼちゃをつぶすようにかきまぜながら、お米がふっくら柔らかくなるまで煮込む。水が足らなければ、適宜加える。4.粉チーズ、豆乳を入れ、塩コショウで味をととのえ、かき混ぜながらさらに煮て(水分が少し残る程度まで)、出来上がり。  
スポンサーサイト
11:58  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

やまうな丼

2006.08.27 (Sun)

b76b1573.JPG「やまうな丼」と聞いて、山口智子・唐沢寿明夫妻を連想した人は、相当NHK朝ドラに詳しい人です。1980年代後半、山口智子さんのデビュー作「純ちゃんの応援歌」の中に登場した料理です。私の記憶では、純ちゃんがやまうな丼を作るシーンでNHK今日の料理のテーマ曲が流れ、字幕で作り方まで出たように記憶しています。西宮の旅館のおかみの話で、甲子園児の母と呼ばれた人のストーリーだったような。唐沢寿明さんも出ていて、確か途中で坊主頭になったという、妙なところだけ記憶にあります。二人とも無名だったけど、若々しいいい連続ドラマでした。

テレビのは、しいたけなども使っていたようですが、これは山芋をすって海苔にはり、油で揚げて、たれをからめる・・・というシンプルな料理。意外といけます。まさか、うなぎと間違える人はいないと思うけど、山芋とは思えない。ゆでたモロヘイヤを刻んだものを添えると、栄養もばっちりです。
 ちなみに今日使った山芋はとても粘性が高い種類だったので、うまく揚げられたけど、大和芋を使ったほうがいいかもしれません。


Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
22:22  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ネクタリンとブルーベリーのパイ

2006.08.23 (Wed)

27722ca4.jpg私はお菓子作りはあまり好きではない。シュークリームやシフォンケーキなど、途中で投げ出したくなるほど根気がないのです。ただ、スコーンやマドレーヌ、キッシュやパイなど、焼きっぱなしでいいものとか、材料にフルーツがたっぷり入るものだと、張り切って作る。このパイは夏の終わりに必ず焼きます。ネクタリンはあまりポピュラーなフルーツではないけれど、酸味と甘味のバランスがよく、味が濃いので、そのままでもおいしい。皮のまま食べられるのもうれしい。私は白桃よりも好きなくらい。
ブルーベリーと一緒に焼くくから、完全にフルーツが主役のパイです。出来立てはフルーツグラタンみたいだけど、私は冷やして食べるのが、好き。夕食のあと作って、朝ごはんにしちゃいました。

カスタードの部分に粉が入っているので、プリンとは違う食感です。

プリンといえば、娘が塾の先生に「プリンは疲労回復に抜群の効果がある」と言われ、せっせと食べてます。そういえば、職場の子も言ってたな。多分テレビの情報でしょう。卵かなカラメルかな、どっちが効くんだろ。

さっき、夫が、「ドリンク剤でも買ってこようかな」と言っていたので、「疲れにはプリンがいいらしいよ」と早速情報の受け売り。夫からは意外な答えが・・・

ばかもん、じゃあ何か、俺が駅のホームでプリン食ってていいのか?完全に変なオヤジだろ。」
たしかに。疲労感って、突然やってくる。コンビニで手軽にプリンを買えても、街角で立ち食いはできない。その点、ドリンク剤は、オヤジが駅のホームで飲んでいても何の違和感もない。
それにしても、オンナ子供は柔軟だなあ。何のためらいもなく、いいと聞けば受け入れられるけど、男の人って、まず、「見た目」から入るのだ。だったら、どこかの飲料メーカーが「プリンドリンク」を売り出せばいいのね。さて、駅のホームで一人で飲めるか、否か。
15:21  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ゴーヤーチップス

2006.08.20 (Sun)

17ac1b5c.jpg夏のおつまみはこれですわな。

ゴーヤーを薄くスライスして、水気をふき取り、片栗粉を少しまぶして、うっすら茶色になるまで揚げました。熱いうちに塩をまぶしてできあがり。

揚げたてはかりっとしているのですが、だんだんしっとりしてきます。ま、それはそれでおいしいんですけど。片栗粉ではなく小麦粉の方がよかったかな、もうちょっと水分を飛ばすべきだったかな。研究の余地あり、です。
15:37  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

冷たいトマトのパスタ

2006.08.15 (Tue)

2919f142.jpgやはり、これだけ暑いとこういうさっぱり系ばかり食べたくなりますね。一人で大き目のトマト1個分はまるまる食べられます。いつもは白いんげん豆やひよこ豆か枝豆など豆類をプラスするのですが、今日はストックがなかったのでトマトだけ。さっぱりちゅるちゅるいただけました。
このパスタを作るときはトマトの皮はむきませんが種は取ります。横半分に切ったトマトをちょっと手でつぶし加減にすると、種のぬるぬる部分がするりと取れます。後は1センチ角に刻んで、塩コショウ、オリーブ油、にんにくのみじん切り、少しのおさとう、レモンひとしぼりを加えてできあがり。パスタは1分ほど長めにゆでて、冷水にさらします。大葉と粉チーズをかけて召し上がれ。
16:04  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

とうがんのスープ

2006.08.13 (Sun)

e5cb094f.jpg冬瓜と書くけど、とうがんは夏の野菜だそうです。薄味のだししょうゆで煮て、冷やして食べるのが好き。きょうは今年作りたての梅干と一緒に薄味の昆布だしで煮てみました。やっぱり冷たいほうがおいしいかな。このあとそうめんも入れて食べてみました。別に特徴はないのだけど、いかにも日本的な煮物です。とうがんの水分は95%もあって、利尿効果もあり、ビタミンCやカリウムも含んでいるから、まさに夏向きの野菜ですね。とうがんは、イギリスにも売っていて(表面の皮が縞模様だった)、駐在員の奥様の間で、冬瓜の煮物が流行ったことがありました。イギリス人がどういう食べ方をしていたかは不明。

最近ケーブルTVと再契約しました。以前も入れていたのだけど、チャンネルが多くてもソフトがいまいちで結局やめてしまったのです。先週娘の「英語のニュース聞きたい」の一言で、翌日契約した親ばかな私たち。でも5年前とは状況が変わってますね。番組も充実してきたし、ケーブルテレビにすると、地デジも見られるって知らなかった。これでテレビ買い替えなくていいのかしら。
それにしてもリモコンが複雑で、仕組みを理解するのに苦労しました。これから地デジの本格放送の時代になって、「双方向」とやらで番組参加しろといっても、けっこう面倒そうです。若いもんはいいけど、これは高齢者にはきついなあ。テレビは老人のお友達なのになあ。私がもう少し年齢を重ねた時、ちゃんとテレビの操作できるかなあ。
15:26  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夏の野菜カレー

2006.08.10 (Thu)

ab82ff07.jpgカレーソースの残りがあったので、こんなん作ってみました。スーパーのポスターで見た写真がおいしそうだったので、真似しただけです。カレーって本当にいろいろな食べ方がありますよね。

今日使った野菜はズッキーニと赤ピーマンとかぼちゃ。ぎざぎざのフライパンでこんな具合に焦げ目をつけると何だかとてもおしゃれになってしまいました。
21:28  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夏のピクルス

2006.08.08 (Tue)

a85536a7.jpg野菜が余ったときは、ピクルスにしてしまうと、2~3週間食べられます。甘味と酸味がいいバランスになるピクルス液がなかなか決まらなかったのですが、舞浜イクスピアリのレストラン「ロティス・ハウス」でビールセミナーを受講した時、試飲タイムにシェフが教えてくれたこのレシピ。大成功です。作り方大根  1/4本にんじん 1 本きゅうり 1 本パプリカ(赤・黄)  それぞれ 1/2個ホワイトワインビネガー  100cc寿司酢          100cc水            100cc砂糖     大さじ  半分塩      ひとつまみベイリーフ  1枚黒粒こしょう  8粒鷹のつめ(種を取って) 1本クローブ   2粒作り方1.野菜は食べやすい大きさに切る。2.大根、にんじんは塩をしてから30秒ほどゆで、ざるにあけ水気をふき取る。3.きゅうり、パプリカは塩を振って、しばらく置き、水分が出たらキッチンペーパーでふき取る。4.保存容器は熱湯につけて消毒しておく。5.寿司酢とビネガー、水、砂糖、塩ひとつまみは小鍋にいれさっとわかす。6.保存容器に野菜を入れ、ビネガー類を注ぎ、スパイスを入れて、荒熱がとれたらふたをする。
12:44  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

そうめん 暑い夏の休日に。

2006.08.07 (Mon)

9eb56e7e.jpg今日も暑い。やっぱりそうめんです。
家庭によって食べ方もいろいろだけど、うちのはトッピングが多い方だと思う。もちろん薬味だけでシンプルに食べるのも、そうめんののどごしをストレートに楽しめてオツなものだけど。

暑くてお使いにいくのも面倒なので、あり合わせの薬味とトッピングです。トマトは、初挑戦だったけどなかなかおいしかったです。そうめんが緑色なのは、抹茶入りのそうめんだから。実家の近くが「三輪そうめん」の産地で、毎年送ってもらうのです。しそを練りこんだピンクのそうめんと一緒に色つきそうめんが普通の白いのと一緒に桐の箱に入っているのですよ。
01:04  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今日から梅の土用干し

2006.08.04 (Fri)

a09aef37.jpg朝、どういうわけかルーシー(我が家の愛犬7才)に朝5時過ぎにお腹に乗られて起こされてしまった。よっぽどお腹すいてたのね。外を見ると快晴!よっしゃ、梅を干そう。てなわけで、下記の通り、土用干しとなりました。6月に塩漬けしたプリプリ3キロの梅は、ざる2こ分のしわくちゃばあさんになったけど、柔らかくいい塩梅(文字通り)に仕上がりました。
私が会社へ行ってる間は夫に時々チェックしてもらい、初日は無事修了しました。今年は梅酢もたくさんできたし、あと二日ちゃんと晴れてほしいなあ。

今日、ヨガのDVDが届いた。パワーヨガの一番安いやつ。意外にもなかなか内容がよろしい。5年前テレビショッピングで買ったあやしい太極拳のビデオより、よっぽどいい。これで送料無料でテキストも付いて1000円もしないとは、何だか申し訳ないような。DVD見ながら一生懸命やっていたら、「まじめにやっているように見えないね。」と娘。だって体が固いから、ふざけているようにしか見えないのよね。あげくの果てにリラクゼーションのポーズの途中で、ルーシーにひざの上に乗られるし。ぼうっとしてるようにしか見えないのでしょう。続くかな、パワーヨガ。
23:46  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

あずきかぼちゃ

2006.08.02 (Wed)

45eb7fad.jpg今、かぼちゃが旬ですよね。
千葉産のいいかぼちゃを買ったので、「かぼちゃのいとこ煮」を作りました。ビタミンCやカロチンがたっぷりのかぼちゃと体力増強効果のあるビタミンB1を含むあずきが組めば、こわいもんなし、ですね。梅雨も明けましたし、元気で夏をのりきりましょう。


それから、お知らせをひとつ。
本日、英語版ブログを立ち上げました

タイトルは「From Japanese Healthy Kitchen」 です。

http://masayo-healthykitchen.blogspot.com/

英語の練習をかねて、日本の家庭料理のすばらしさを世界に発信しようと思い立ちまして。外国人って、日本人はみんな毎日テンプラやスシやスキヤキばっかり食べてると思い込んでいるフシがあります。ヘルシーな和食とうい認識は持って下さっているけど、どこか誤解されているような気がしますね。

書きたいことはいっぱいあるのですが、私の英語力だと1行書くのも大変。続くかなあ・・・。※今日は気分がいいから久しぶりに材料と作り方、書いちゃいますね。材料かぼちゃ 1/4個(300g)ゆであずき カップ 2/3だし汁  300ccみりん 大さじ 2さとう 小さじ 3しょうゆ 小さじ 1,5塩 少々ゆであずき以外の材料を鍋でことこと煮て、クシが通るくらいになったら、あずきを入れる。好みの味にととのえて、さらに5~6分ほど煮たら出来上がり。
01:52  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。