01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ちっちゃい白菜。

2007.02.27 (Tue)

4e95227a.jpg見て見て!こんなに小さな白菜。oisixのセットの中に入ってました。葉っぱの部分がたくさんあるから、食感も抜群。サラダにして生でもおいしい・・・・・だろうと思って、ありあわせで作ったのが下の写真のサラダです。
グレープルーツと、豆腐との組み合わせは、実に清々しいです。フレンチドレッシングですが、グレープフルーツからでたジュースも混ぜて、さわやかなお味となりました。

白菜豆腐サラダ
スポンサーサイト
21:14  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

チョコの格差社会?

2007.02.12 (Mon)

1247eb16.jpg娘がアメ横でチョコレートを大量に買ってきた。中にリンツの板チョコがあったので、それを溶かして、以前作って冷凍してあったオレンジピールを刻んだものを混ぜてみました。お、おいしい。私はオレンジとチョコの組み合わせって大好きなのです。ジャファーて言ったかな、ビスケットとオレンジカードとチョコの三層になった甘いお菓子。欧米ではポピュラーなもので、昔ロッテが商品化したこともあったと記憶してます。子供の頃、大好きだったけど、最近見ないなあ。そういえば「ウィスキーボンボン」も。探してみようかな。

さて、下の写真は先月、娘がおじさんからもらったもの。「おじさん」って変な意味ではなく、私の夫の兄です。姪の入学祝いに、銀座のコーチショップでお財布を買ってくれて、帰りがけに「ママに(つまり私ね)」ってグッチのカフェでチョコを持たせてくれたのです。兄弟のくせに全然タイプが違うのです。娘いわく「ねえねえ、支払い全部ゴールドカードだったよ。はじめて見たよう。」我が家はスーパーのポイントカードなら各種あるんですけど・・・。

グッチの地模様もまぶしいこのチョコのお味は4種類、家族みんなで「うまいうまい」とものすごく無造作に食べてしまいました。イタリア直輸入かと思ったら、日本製。それも千葉の八街製でした。どこで作られていてもいいのです。グッチだからいいのです。

チョコの連鎖は続きます。今娘はメリーチョコレートの短期バイトの口を見つけて、毎日楽しげにバレンタイン・コーナーで試食をすすめています。老舗デパートだから、渋い客層で毎日ちょっとしたチョコを巡るドラマがあるそうです。グッチも手作りもいいけれど、メリーくらいがちょうどいいかな。特に根拠はないけど。



グッチのチョコ
13:29  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今日のお弁当その2

2007.02.08 (Thu)

f4f95db7.jpg昨年のお買い物ベストはなんと言っても圧力鍋です。おかげで玄米ご飯は手軽に炊けるし、お豆もらくらく。おせちにも大活躍でした。

でも我が家は玄米好きは私だけで、娘も夫もおいしいからというより、「理性」で食べているところがあるのです。基本「銀シャリ」派ですね。なるべく雑穀やら黒米を混ぜたりもするのだけれど、主食ですからね。無理強いはできないっす。

てなわけで、今日のお弁当は私専用。夫は仕事先で食べるし、娘は友達とサイゼリヤのミラノドリア290円で長居する予定。高校生はみんなビンボーなのです。

紫花豆は近所の奥様が下さったもの。昨日大量に作ったおからの炒り煮。それから菜の花の辛子あえと卵焼き。自家製梅干のしそもね。なんだか「禁欲的な」お弁当かしら。むしろ今のヘルシーブームには、おしゃれなお弁当のような気もするけど、どうでしょう?とにかく玄米が栄養あるから、おかずは粗食でいいのです。ゆっくり噛みしめていただきました。腹持ちもよかったですよ。
22:30  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「かもめ食堂」のシナモンロール

2007.02.04 (Sun)

fee6d66a.jpg先週「かもめ食堂」のDVDを借りてきて見たら、すこぶるよかった。舞台はなぜかフィンランドのヘルシンキ。ちょっと謎めいた女性(小林聡美)が和食のレストランを開く。寿司や天ぷらではなく、おむすびや鮭定食など、ごく日常の和食を作っている。そこに片桐はいりやもたいまさこが絡むのだけど、なんとも平和で、全編ほのぼの感がただよう映画だった。
小林聡美の手際がよくて、出てくる料理がおいしそう。「ちょっと作りましょうか?」とお店で「シナモンロール」を焼くシーンがあった。いいにおいにつられて、近所のおばちゃんがお店に入ってくる。おばちゃんの形態は万国共通だと認識。

ああ、食べたい。シナモンロール。で、作りましたとも。映画みたいに、生地をくるくる巻いて、最後に指先でちゃちゃっとつまむところを真似してみました。焼きあがる時の甘いシナモンの香りは幸せの象徴ですね。

こちらはついでに焼いたベーグルです。

手作りベーグル
14:25  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。