07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

夏の終わりに・・・。

2008.08.31 (Sun)

76b9786f.jpg8月も今日でおしまい。スイカを売る店も減ってきた。今日はスイカソーダを作ってみました。ただスイカをざっとミキサーにかけてちょっとレモン汁を入れてソーダで割っただけ。きれいな色の、真夏の浜辺が似合いそうなドリンクになりました。

午後夕食のお使いに行ったら、キリンの秋味が売っていた。本当に秋なんだ。

おつまみはこれまた夏の名残でゴーヤとなすの味噌炒めと、なすときゅうりと自家製梅酢のシバ漬けです。夏の味を「秋味」で食す・・・。あーしみじみしますです。

ところで日本人の感じる「もののあわれ」は終わりを感じる美学だと外国人の研究者が言っていた。どんなに美しく桜が咲いていても、この美しさにも終わりが来るんだなーはかないなーと思ってしまう心・・・。なんとなくわかるような気がする。アメリカ人にはまったくないと言ってたけど本当かな。


シバ漬けと秋味
スポンサーサイト
22:10  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

大和芋だけで作ったテリヤキ丼

2008.08.26 (Tue)

2f683ccf.jpg甘辛いみりんしょうゆ味で作るテリヤキの味はみんな大好き。植物材料オンリーでとびきり安くておいしい照り焼き丼ができました。

大和芋をすりおろして薄口しょうゆでちょっとだけ味をつけ、海苔にのせて両面を大目の油でこんがり焼いた後、みりん、しょうゆ、さとうを煮立てたソースにからめて出来上がり。

こういう安くておいしい料理ができた時は、しばし主婦としての充実感にひたるのです。

私は、このブログのおかげで、会社でも同僚から普通に「マダム」と呼ばれている。すごいセレブみたいだけどもちろんシャレです。この前、雑誌コーナーを見ていると、セレブ向きと言うか、40代、50代をターゲットにした高級感あふれる雑誌がずいぶんでてますね。雑誌不況とは思えないくらい。これってもしかして私世代向け?いやでもまてよ。年取ったらそれなりの財力があるという前程の紙面づくりってちょっとおかしくありません?

「隠れ家レストランで極上の昼食」「貴方にふさわしい品格のドレス」「至福のパリ」
・・りっぱです。極上すぎます。めちゃくちゃ違和感を感じます。マダムと呼ばれる私が言うのだから間違いない。出版社はもっと勉強した方がいい。・・え?最初からアタイはターゲットじゃない??しっつれいしました。

だから私はもっぱら、フリーペーパー派。でもこの間、「このフリーペーパーの占いコーナー、私の生まれ年がないのよね」って怒っていたら、同僚が「だってマダム、『L25』の25って、25才の意味ですよお」だって。

勝手に世代分けしないでほしいなあ。
22:20  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

トマトバゲッドはバルセロナの味

2008.08.24 (Sun)

8bf95576.jpg
もうずいぶん前ですが、家族でバルセロナに行ったことがあるのです。ロンドンに夫が留学していた頃の話で、娘はまだ7才。夫が修士論文を書き上げ、日本に帰る見込みもついて、家族全員うきうきの頃でした。

バルセロナではザクラダ・ファミリアを始めガウディの建築物に驚愕し、ピカソ美術館で半日過ごし、ホテルでスペイン語のドラえもんを見て大笑いをし、そして街角のバールでタパスをたくさん食べました。

タパスは小皿料理と言えばいいのかしら。いろいろな種類のものをすこしづつ食べられるけど、パンにトマトをぎゅっとつぶしてのせただけのトマトブレッドがその時、私と娘ではまってしまい、小食の娘も珍しくがつがつ食べていたっけ。トマトの種類が日本のものとは違って、それはそれは濃かったのです。

その時のパンをイメージして、我が家でよく作るのがこのトマトバゲットです。ミニトマトにちょっとオリーブ油をふり、オーブントースターで焼く。その間にバゲットを軽くあぶってにんにくをがりがりこすりつけておきます。トマトの皮がはじけたら、バゲットにのせてぎゅっとつぶして塩コショウします。

さて、この写真。初めて一眼レフカメラで撮影しました。バックがぼやけていい感じでしょ。一眼レフカメラはお高いものはン十万の世界で、今までは手が届かないとあきらめていたのです。それが最近廉価な一眼レフカメラが出てきましたね。

今までのコンデジ(コンパクトデジタルカメラをこう呼ぶそうです)ニコンクールピクスD800は本当に使い勝手がよく10年経ってもまだ現役ですから、名機と言っていいでしょう。今回私が買ったデジイチ(一眼レフデジカメをこう呼ぶ)もニコン社製。デジイチ界の価格破壊王と呼ばれるD40は2年前に発売されたものだけど、人気が高く、私も店頭で一目で気に入りました。驚くべきことに、10年前のデジカメよりもお安い値段で買えてしまったのです。ありがとうニコンさん。

そして、私といつも一緒だったクールピクスD800さんもお疲れ様。でもまだまだ使えるからサブ機として活躍してもらいますよー。タコ糸でしばったレンズキャップとぼろぼろのケースが年季を感じますね。


クールピクスD800

13:23  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夏野菜のきれいなスープ

2008.08.19 (Tue)

411cc549.jpg冷蔵庫の残り物も夏はきれいな野菜が多くて楽しいです。
夏バテ防止と冷蔵庫整理の野菜スープ。
昆布だしだけど、バジルペースト(また出ましたね)を仕上げに載せると、りっぱなイタリアン。残り物とは思えない美しさです。

13:35  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夏野菜寿司はアートですな。

2008.08.17 (Sun)

夏の野菜にぎり

アメリカやヨーロッパのオーガニックスーパーのサンドイッチコーナーでは、こういう野菜のにぎり寿司って売ってそうですね。

半分遊びで野菜寿司を作っていたら、夫が「けっ、こんなもん邪道じゃ」と珍しく味見を拒否。気にせず写真を撮って冷蔵庫に入れて外出したら2時間後にメールが。

「ごめん、想像以上にうまかった。ほとんど全部食べた」

予想通りです。アボカドはスライスして、少しレモン汁をかけただけ。みょうがは30分ほど甘酢に漬けるときれいな色になります。黄色のパプリカはグリルで焼いて皮をむき、これも甘酢に漬けました。

夏らしくてきれいなにぎり寿司。おいしいんですよー。

ところで、このところ我が家の家電が次々と壊れている。今年の初めオーブンレンジの液晶が突然つかなくなり、先月ガスレンジは怪しいオレンジの炎とススが出るようになり、そして先日冷蔵庫からはどこからともなく大量の水漏れが・・・。まるでポルターガイストです。昨年はエアコンが突然ペコペコ言い出して買い替えたばかりなのに。部品の保管期間が過ぎるとまるで時限装置が作動したように調子が悪くなる。メーカーの陰謀か。

とにかく冷蔵庫は緊急を要するので、すぐ電気屋さんに行きました。前よりも小型のものにしました。これがすこぶる使いやすく、冷蔵庫の上にオーブンを置くとちょうどいい高さでキッチンもすっきりしました。

冷蔵庫を低価格で抑えられたので、余った予算で、念願の一眼レフのデジカメを買おうと思っています。実は若かりし頃はけっこうな写真少女でペンタックスの一眼レフカメラを持っていて、キャンデス・バーゲン(古っ)を気取ってたんですよー。
14:14  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

朝ごはんはかぼちゃのリゾット

2008.08.11 (Mon)

380d3fe6.jpg大学生の娘はバイトやらオール(一晩中飲み明かすことです、やれやれ)やらで一緒に夕食を食べる機会がない。ま、こうやって親離れしていくのでしょう。

昨日作ったかぼちゃのスープ、ご飯をいれて、チーズを足して、リゾットにしたら朝ご飯にぴったり。ちょっと久しぶりにみんなで食卓を囲みました。

さて、本日は遅番。出勤前に美術館に行ってリフレッシュしてきました。

東京駅八重洲中央口から5分ほどのブリヂストン美術館。「美術散歩」という企画展を9月中旬までやっています。

東京駅は帰省客でごった返していたのに、土曜のオフィス街は歩く人も少ない。朝オープン間もない美術館でゆっくり印象派の絵を文字通り散歩していると、本当に心まで涼しくなっていくよう。

実は先週夫が偶然見に行って、すごくいいから行っておいでと言われていたのです。夫はモネとかマティスとか明るい色調の絵葉書を買ってきたのに、私はルオーと青木繁。いやー見事に趣味が違うようです。

見学が終わると11時半。館内のカフェでお茶とスコーンを頂きました。ところで、美術館のスタッフってみんな「賢そう」に見えますよね。受付の人もショップの人も。もちろんカフェスタッフも隙のないサービスぶりでした。

集中力が増したのか、午後の仕事はかどるはかどる。娘にも行かせようかな。
23:47  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

パンだ、パンダ。だから中国

2008.08.09 (Sat)

c09d440a.jpgパンを焼いた。こだま酵母というドライタイプの天然酵母を買ったので一刻も早くパンを焼いてみたくて、シンプルなプチパンを焼いてみた。イースト臭さがなく、通常の天然酵母よりもはるかに使いやすい。ナチュラルな感じもいいです。

今日は北京オリンピックの開会式を最初から最後まで結局しっかり見てしまった。途中で席をはずすとその直後にものすごく楽しいことが起こりそうで、結局テレビから離れられなかったのです。それにしてもものすごい演出でしたね。人海戦術に圧倒されました。

夫は最初は「すごいや」って楽しそうで、「欽ちゃんの仮装大賞を国家レベルでやるとこうなるんだな」とか評論(?)してたけど、そのうち、「なんか男ばっかりだな、オネエちゃんは出てこんのか」とか北野武みたいのことを言いながらゴロリ。そのまま熟睡してしまいました。さびしいから選手入場からは、娘と一緒に鑑賞。今度はいつのまにか各国のイケメン探しになりました。結果母娘で釘付けになったのは、モナコの旗手をやっていた人。多分後日話題になるのではないかな、とひそかに期待しています。

なんだか低レベルな鑑賞ですみません。
02:18  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ビバ!夏野菜。

2008.08.08 (Fri)

da5b287c.jpg夏の野菜売り場は元気な色の野菜がいっぱい。楽しくなります。

パプリカも茨城産とか国産がずいぶん出てきましたね。おっ「マロン栗かぼちゃ」だって。思いっきり重なってるじゃん。栗栗かぼちゃかあ、よっぽどほくほくしているのねー。とか一人心の中でつっこみながらお買い物も楽しい。

グリルパンで焼いて、ちょっと玄人っぽい(?)焦げ目をつけて、マリネ液につけて出来上がり。このマリネ液、バルサミコ酢とオリーブオイルとしょうゆと塩コショウを適当に混ぜれば出来上がります。かぼちゃは浸み込みが早いので、1時間くらいで引き上げた方がいいみたい。

美しくておいしい夏のマリネが出来ました。

今日はバジルのパスタと一緒にお弁当にしました。冷やすとまた美味しくなります。


夏野菜ランチボックス
01:19  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

バジルな休日

2008.08.02 (Sat)

バジルアイスとラングドシャ

バジルは今が旬ですから、スーパーのハーブコーナーでも、大きな袋入りのものが売っています。今日は休日。旬のバジルでアイスクリームを作ろうと昨日のうちに袋入りのバジル(280円)と生クリーム1パックを買っておきました。

先日友人がレストランでバジルのアイスクリームを食べたらしく、どうやって作るのかしらねえと私に聞いてきました。ネットで調べてもレシピが出てこないと言っていたのですが、試しに英語で basil,icecream と入力したところ、じゃんじゃんレシピがヒットしてきました。少しアレンジして作ってみたのが写真のものです。一見抹茶アイス風。一口食べるとまぎれもないバジルの香りが鼻に抜けます。新しい味です。アイスに使った卵黄2個分の残りの卵白で、ラングドシャのビスケットも作れました。娘はこっちの方が美味しいって。

バジルの葉はまだまだあるので、ジェノベーゼソースを作ってパスタにしてお昼ご飯にしました。



63229903.jpgバジルアイスの作り方・・・材料:バジルの葉7~8枚、ミルク100cc、砂糖1/4カップ、卵黄2個分、生クリーム100cc作り方:ミルクと砂糖半量をあたため、バジルを浸して30分ほどおいて、フードプロセッサーにかけて漉す。残りの砂糖と卵黄2個分を別ボールで泡立て、すべての材料を鍋に入れて弱火で少し煮る。氷水で冷やしたところに泡立てた生クリーム100cc入れて、混ぜ、冷凍庫で冷やし、時々かき混ぜる。
23:00  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。