10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

安納芋入り蒸しパン

2008.11.25 (Tue)

8c36f3ce.jpg安納芋は甘くてねっとりしたさつまいもです。最近はスーパーでも見かけますね。加熱するときれいなオレンジ色になります。

低温で調理してくれと書かれていたので、揚げ物や電子レンジ調理はせず、もっぱら蒸し芋にして食べてます。今日は1センチ角に切って蒸しパンに入れてみました。

この蒸しパンはてんさい糖で甘みをつけてますし、バターは使わず、紅花油を使っているのでカロリー控えめです。でも十分に食べ応えがありますよ。
スポンサーサイト
16:43  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

まこもだけの炒めもの

2008.11.23 (Sun)

e1a2efc9.jpg「まこもだけ」。きのこかと思ったらイネ科の植物らしい。茎の皮をたけのこをむくようにむいて、柔らかいところをスライスしていただく。食感は柔らかいたけのこ。味は、くせのないたけのこ。
 中華料理に向くらしいので、とりあえずほうれん草と炒めてみました。さすがに中華の高級食材と言われるだけあって、おいしいです。

ところが、夫には意外と不評で、「なんだかはっきりしないヤツだ。」と文句ばっかり言っている。男はコンサバですからね、なかなか新しいものを受け入れないのです。もうちょっと料理法を考えてみましょう、と思っていたら季節が終わってしまいました。実はこの写真は一月も前のものなのです。アップするの忘れていたのですが、私にはとても気に入ったお味だったので・・・。

夫の大好物のひとつはパン。どんなパンも大好き。私なんぞは一日のうち1回はお米がないと困るけど、夫は三食パンでも大丈夫だと思う。そんな夫が大好きなフランスパンのことで近所のスーパーに電話をした。

駅前のちょっと高級めのスーパーのパンコーナーのフランスパンを夫は気に入っていて、ちょくちょく買っていた。春からの小麦粉やバターの高騰で、パンの値段が上がった。それは仕方ない。夏ごろ、値段はそのままで、パンがちょっと短くなった。「姑息だな」と夫は苦笑い。そして最近またさらに短くなった。もはやフランスパンではなく、コッペパン程度の長さだ。夫は我慢ならなかったらしい。満を持して、そのスーパーに電話をした。どうやら若い女の子が電話に出たらしい。夫いわく「ちょっと意見があるのですよ。あなたはアルバイトさんですよね。社員さん、できれば店長さんかその立場にちかい方を出して頂けますか?」実に冷静。副店長の女性が出た。そこで夫はフランスパンが短くなったことについて、淡々と語り始めた。一番印象的だったのは、「長いフランスパンを抱えて歩く時のちょっと嬉しい気持ちをわかって欲しい」「値上げをしないでおこうという貴店の意図は理解できるが、たとえ1本300円になっても、あの味なら売れると思う。それに貴店は高級食材を扱うスーパーだから客層も洗練されている。よその店ならこんな電話はしない。短い貧相なパンを買わされるのは客として惨めだ」などなど・・・。夫は顔に似合わず、美声です。娘が小さい頃、森本レオの物まねでオリジナル「機関車トーマス」をよくやっていた。その声で丁寧に語りかけているから、相手も反論できなかっただろう。「貴重なご意見をありがとうございました。」と先方は言い、夫も存分に自論を語れて、満足したようだ。「うしし・・・俺ってかっちょいいよなー」と一人で悦にいっている。もう、パンが短かろうが長かろうが、どうでもいいのだ。パンに対する「愛」を誰かに語りたかったのね。
16:11  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

お肉のパテじゃないですよ、ベジ・ベーグルです。

2008.11.11 (Tue)

c60ba252.jpg宅配で野菜を買っているオイシックスで「マッシュルームの芯」があった。早速注文。細かく刻んで、ナッツ、パン粉、たまねぎ、つなぎにレンコンのすりおろし、スパイス(秘密です)やらいろいろ一緒にまぜて、ハンバーグ風のパテを作りました。本当はもっと白っぽいパテだったけど、バルサミコソースをからめてみたら、まるでテリヤキハンバーグ。

駅前の「ベーグル・ベーグル」はどれでも150円だから、プレーンなものよりも、「五穀」とか「ごま」とかトッピングがあるものを買うことが多い。きょうは栄養がありそうなごま。

レタスといっしょにベジ・パテをはさんでみたら、見た目から「これはすごいんでねーの」オーラをはなっている。夫が豆をひいてミルクを泡立ててカプチーノを作って待っている。贅沢な昼食。

「このランチセット、いくらで売れるかなー」と聞くと、「ふつうは肉のハンバーグだろ?マッシュルームやレンコンが入っているベジパテなんて作れない。プライスレスだな。それにしても、こいつはうまい。」

でも、量産できないから、お店はできないや。

14:08  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

これ、紅いもなんですけど。

2008.11.08 (Sat)

c3a40e65.jpg「得意料理は?」と聞かれたら、迷わず「パイ!」と答えることにしている。パイ生地さえ覚えれば、中に入れるもの(フィリング)はフルーツでも野菜でもその時にあるもので作れるから。卵液を入れれば、キッシュに、リンゴを入れてフタをすればアップルパイに、と応用がきくうえに、作る過程も楽しいのです。

紅いもを買いました。大学いものように油で揚げて、メープルシロップをかけ、ちょっときなこをちらすと、栄養満点のおやつになるけど、きょうはパイを焼きたい気分。ふかしたおいもをピューレにして、メレンゲをいれて、シフォンパイ風にしました。てんさい糖が少なかったのか、ふんわりとはいかなかったけど、自然な甘さの素朴なパイが出来上がりました。

ただ、誤算だったのはあのあざやかなむらさき色が出なかったこと。一見チョコレートパイみたいになっちゃった。

チョコレートと言えば先日丸の内の「メゾン・デュ・ショコラ」でセミナーを受けてきました。お菓子を作る講座ではなく、産地や製法の違うチョコの試食がたっぷりできると聞いたから。ちょっとお値段が張る講座でしたが、なんのなんの、帰りの電車で気持ち悪くなるくらい試食はできるし、多分2000円以上はするであろうコフレットやデモで作ったガナッシュをお土産にいただけるし、モトは取れます。それに「良いチョコ」の味のスタンダードが自分のなかで確立できただけでも値打ちはあったと思います。ガナッシュの失敗しない作り方を教わりました。タルトに流してイチゴを飾れば素敵なチョコレート・パイができそう・・・。


06:07  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

新兵器登場!

2008.11.04 (Tue)

5f8e5db7.jpg栗ご飯作りました。

栗そのものの甘みや食感も楽しいけれど、「栗のうまみが移ったご飯の味」もいけることがわかります。新米の季節ですからね。

先日買ったばかりの新兵器「栗の皮むきハサミ」を使ったので、皮むきが楽になりました。びっくりするくらい簡単にむけるけど、ひとつひとつ皮をむくのにそれなりの時間はかかります。1ネットむくのに40分くらいかかりました。でも包丁よりも安全でストレスもかからないから、おすすめです。栗はお米の量の半分くらいでいいから、残りは甘く煮て保存しておきます。んー秋ですな。

くりくり坊主
16:38  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。