05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

定番ベジハンバーグ

2009.06.28 (Sun)

wベジハンバーグ定食

ちょっとサプライズなものを作りたいときに。「これ、お肉じゃないのよ」と言ってお客様にも出せるハンバーグです。きのこ類とナッツ類、つなぎにパン粉を使い、お肉のハンバーグのようにたまねぎのみじん切りを入れます。和風にしたかったので、ごぼうやにんじんも入れちゃいました。

「どーよ。」と 床屋から帰ってきた夫に見せたが、本日ご機嫌斜め。どうやら床屋の店員から、入店するなり「シルバークーポンはお持ちですか?」と言われたらしい。夫は57歳だから別に60歳以上に見られても仕方がないと思うのだけれど、先日仕事先の会合で10歳以上も若く見られて舞い上がっていたばかりだから、突然落とし穴に落とされたようなものなのだろう。

夫はどちらかと言うと「ハゲ」の部類に入る。でも自営業という仕事柄、同年代の会社員よりも話は面白いし、服装も自由だから、仕事先でも若く見られることが多い。それが、いきなり「シルバー世代」に見られたのだから落ち込むでしょう。

でも私は気づいたのです。「人は自分のフィールドでしか、価値判断ができない」ということに。

もうずいぶん前の話だけど、相撲が大ブームだったころ、当時人気の若・貴兄弟が鈴木都知事を表敬訪問をしたことがある。そのあとで都知事に会った感想を聞かれたお兄ちゃんは「(知事は)小さいのにすごいと思った。」と一言。私はその時思いましたね。相撲の世界は体格が勝負なのだな、と。つまり、彼らにとっては「カラダが大きい」がエライことなのだ。だからめちゃめちゃ体が小さいおじいちゃんが東京都で一番偉い知事をやっていることに、お兄ちゃんは素直に感動した訳です。つまり、床屋さんはお客さんの「髪」しか見てないわけだから、「ふさふさ」=若いわけで、あなたはそういう意味でシルバー世代に見られたのでしょう。床屋のあんちゃんに、仕事先の若い女の子を笑わせているような、気合のこもった会話なんてしないでしょう?・・・・とまあ、夫を励ますのにこんなに長いお話をしましたさ。自慢じゃないけど私はついこの間、東京駅から総武線に乗ったら、席を譲られました。(疲れていたから喜々として座った。)もう怖いもんはないです。
スポンサーサイト
18:45  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

自然の色です。シソジュース。

2009.06.23 (Tue)

wシソジュース

梅干しに使ったシソの葉の残りでシソジュースを作りました。アメジストのような美しい赤がいかにも元気をくれる感じ。一口飲めばシソの香りが鼻を抜けます。
これを飲んで暑い夏を乗り切りましょう。シソジュースはほぼ毎年作っています。初夏の定番です。



ロンドンにいたころにも、夏の定番ドリンクがありました。



先日、事務所に時々来てくれる営業関係の人が、ロンドンに留学したことがあると聞いて、ひとしきり住んでた場所とかローカルな話題で話がはずんだ。「へー『ゾーン1』に住んでたの?ロンドンど真ん中ね。私は『ゾーン3』。ノーザンラインで20分ほど郊外でね。でもスーパーのテスコが近くにあったから便利だったわー」とかそんなとりとめのない話から、女の子らしく食べ物の話題となり、飲料関係の社員らしく、ドリンクの話になって、「イギリスの初夏の飲み物と言えばエルダーフラワーコーディアル」と意見が一致した。しばらくこの飲み物のことを忘れていたけれど、そういえば日本にはないなあ。マスカットのような香りと酸味があって、甘いコンクのビン詰めを買ってきて、水やソーダで割って飲んでいたっけ。絶対若い女の子にも受ける味なんだけどなあ。そしたら、その次の週、近所のスーパーでまさにその「エルダーフラワー ウォーター」なるものが売っていて、びっくり。早速購入。まさにこの味。イギリスの初夏の味に久しぶりに再会しました。wエルダーフラワーウォーター
23:28  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

さて今年も梅の季節です。

2009.06.15 (Mon)

w 2009梅干準備

梅干を漬けるために休暇を取っていたけれど、今年は完熟の梅が店頭になくてまだ青みがかった梅を購入。4日ほど家で追熟させました。満を持しての梅干し作りです。結婚した翌年から漬けているわけで、もう20回以上この作業をしているわけで、本当に月日が経つのは早いもんだ、と思います。

娘の夏休みの自由研究のテーマにしたこともあったなあ(全編私が書いたけど)

この数年は4キロの梅のうち、3キロを白梅漬けに、1キロを赤梅にしている。赤梅は重石を使わず、やや塩分を多めにだけど、ふっくらと仕上がるので気に入っている。

2年ほど前ストックの梅干しがなくなったので、蜂蜜入りの人気商品ってやつをお取り寄せしたことがある。うわあ、皮がやわらかそうで、さすがにプロ仕様だねーと食べたら、あまりの甘さに、家族で絶句してしまった。お茶うけにはいいけれど、とてもご飯と一緒に食べられない。今はああいうのが流行りなんですかね。
我が家の梅干しはしっかりとすっぱいぞ。

さあ、これから、梅の「おへそ」を取ります。多分夫か娘が「やらせて」とやってくるでしょう。
23:28  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

我が家に家族がふえました。

2009.06.04 (Thu)

といっても、マダム昌代まさかの懐妊ではなく、夫が先週衝動的にわんこをつれてきたのです。理由はずばり3月に天国に行ったルーシーとうり二つだったから。ペットショップで売れ残ってちょっと大きくなって、値引きされていたのを、夫はたまらず、買ってきてしまったのです。

この子の名前は「ナナ」といいます。前の子とそっくりなのは顔だけで、いやはやものすごいおてんばさん。「狂ったように」家中を走り回るナナをみて、夫はぼそっと「返品しようか・・・」とつぶやき、私や娘から猛攻撃を受けました。

いやいや、現在我が家はすごいことになっています。料理ブログでありますが、ネタに困ったらナナのことも書きます。本当に「何でもあり」のわんちゃんなのです。

wいたずらナナ
15:11  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。