08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

笑っちゃいないよ、「クスクス」

2009.09.30 (Wed)

wクスクスサラダ2009

夫と映画を久しぶりに見た。
夫婦50で1,000円で。
リチャードギアの「HACHI」だ。動物に名演技をされると、人間はかすみます。さすがにリチャードギア氏は存在感があったけど、奥さん役の人とかほとんど印象に残らなかったもん。アメリカ人の夫婦の関係みたいなものもちょっと垣間見えたけど、あ、日本人と違うな、と感じるシーンもしばしばありました。本筋と全然違うけど、映画を通して、ちょっとしたシーンに価値観とか宗教観の違いを感じるのは興味深いです。
思ったとおり、泣けます。必要以上にハチを擬人化させていないので感情移入もしやすい。我が家のナナがいとおしくなるくらい。

ちなみに、ハチよりひとつ足らないうちのナナはあいかわらず、あほ犬一直線です。先日もアクロン(洗剤ね)を飲んでしまって大騒ぎ。詰め替え用の袋をうっかり出しっぱなしにした私も悪いのだけれど、ちゃんと「ここから手で切り離せます」のところから切って中身を飲んじゃったナナもすごい。

すぐ吐き戻したけれど、さすがに半日ぐったりしていました。

本人は死にそうになったから笑い事じゃないけれど、今日のおかずはクスクス。
私が作る料理の中で、夫が好きなものベストスリーに入る地中海風のサラダです。
スポンサーサイト
23:28  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今なら間に合う・・・か。

2009.09.23 (Wed)

w切り昆布サラダ

娘がはいていて、私に譲ってくれたエディーバウアーのパンツがパンパンになっている。仕事着のスーツも前ボタンを閉じると息苦しくて、事務所ではいつも外すようになった。

エディーバウアの店員さんが、娘に「へー上着ならともかく、パンツまでサイズが一緒なんて、君のママすごいね」と言ってくれたのは昨年のこと。あれから5キロ増えました。。。ここでなんとかせねばいけない。

体重増加の理由は甘いものの食べすぎだろうなあ。特に夜遅くにつまみ食いをしてしまう。とりあえず、規則正しい食事と運動。これですよね。事務所から徒歩圏の市立総合体育館には、公立とは思えないしトレーニングルームがある。料金も格安だ。さっそく今日昼休みに電話をしたら、「トレーニングルーム使用のための講習会」を受講するように、とのこと。器機の説明や体力測定をするそうだ。明日開催分に空きがあったので、さっそく申し込んだ。料金はたったの150円。

なにせ、運動なんて大嫌い。娘のパジャマ代わりのジャージと、多分10年ははいていないスニーカーをバッグに詰めた。はたして私は今年中にマイナス5キロ、実現できるかな。

本日切り昆布とありあわせの野菜(大根・にんじん・冷凍枝豆など)でサラダを作りました。ドレッシングは油ヌキ。カボスがたくさんあったので、しょうゆと混ぜて自家製ポン酢を作りました。

22:55  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ラタトゥユさえあれば・・・

2009.09.19 (Sat)

wカポナータ

久しぶりに娘と見に行った映画、「ココ・アヴァン・シャネル」は、シャネルの生涯ではなく、成功するまでのお話。もともと彼女は歌手や女優志望だったから、なかなか肝心の服飾の世界で頭角を現すところが出てこない。まっ、それはみんな知っていることだからいいのかな。純粋に驚いたのは1900年代初頭の社交界ってまだみんなあんなビクトリア時代みたいなコルセット付のドレス着ていたこと。そりゃ、ココは革命児だわ。

主役は「アメリ」の女優さん。最後はシャネルに見えてきました。「富と名声を得たい」でも何をしていいかわからない、彼女の焦燥感が人間くさく、またパトロンを従えて颯爽と新しい時代を切り開いていく姿がかっこいいです。

気分はおフランスになったので、ありあわせの野菜をトマトで煮込んだラタトゥユ、つくりました。
09:09  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

秋だ、おイモだ。

2009.09.15 (Tue)

w メイプル大学芋

9月も中旬になり、すがすがしい朝の空気に秋を感じますね。

そうです。お芋の季節です。我が家は娘が小さい頃から、朝食の定番のひとつに「大学芋」があります。最初は水あめを買ってきてシロップを作ったりしていたのだけど、なんだか大変。最近はただメープルシロップをからめるだけにしています。

これは簡単。しかもメープルシロップは血糖値を急激に上昇させないし、あっさりとした甘みと香ばしい香りがしっかりと揚げたおイモに絶妙にマッチいたします。

カナダ帰りのお友達からメープルシロップをお土産にもらったけれど、結局使わなかった、という話をよくききます。実にもったいない。普通のお砂糖と同じ感覚で使えばいいのです。和食の煮物の味付けにもあいます。コーヒーに入れてもおいしい。私は冬になって酒粕で甘酒を作る時、メープルシロップを使います。意外な組み合わせですが、さらりとおいしい甘酒になります。

ところで、私先週、とある「資格」を取りました!!

それは、これ。食品衛生責任者。一日の講習で誰でも取れます。レストランなどを開く際、必要な資格です。永久資格ですので、食品に興味のある方は取っておかれるといいとおもいます。東京都の場合、各地で毎月のように講習会がありますが、数ヶ月先まで埋まっていることもあります。私が受講した日も会場は200人ほどで満席。インド人(きっとカレー屋さん)中東系の若者(きっとケバブ屋さん)もいて、興味深かったです。食品DSCF0705
23:00  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

バイ、バイ、サマーのジェノバ・ソース

2009.09.03 (Thu)

w 大葉のジェノバ・ソース

9月に入って、急に涼しくなった。ああ、今年はバジルのソースを作らなかったなー。そういえば夫が無目的に買った大葉が余っていたっけ。大葉のことを「ジャパニーズ・バジル」と言う人もいるから、バジルの代わりに大葉とパセリを使って、ジェノベーゼ・ソースを作ってみました。バジルよりもクセがない感じ。
色は鮮やかで扱いやすい。マヨネーズと混ぜてドレッシングにするもよし、マッシュポテトの風味付けに使うもよし。もちろん、定番はこれ。パスタとの相性も抜群です。

我が家の2009年の夏を総括すると、「ミニチュア・ダックスフントのナナとのドタバタの1ヶ月」6月に我が家にやってきたナナは、ペットショップの暮らしが長かったせいか、しつけがうまくできない上に、家中をハイテンションで走り回り、手がつけられない状態だったのです。壁をかじる、目に付くものに噛み付く、とびつきクセにかみぐせ。トイレなんて関係なし。一番困ったのは朝4時からケージから出せとくんくん鳴くこと。おかげで夫は睡眠不足とストレスからか、異様に血圧が上がってしまい、病院に行く始末。もう飼えない、とぎりぎりの精神状態の夫と私だったが、最後まであきらめなかったのは、娘だった。「かわいいじゃん、この子。私は大好き。」とナナの大暴れにも涼しい顔。結局8月の半ば、トイレを覚えた頃から、ナナは劇的に落ち着き、ケージに閉じ込める必要もなくなり、今ではすっかり家族の中心だ。ナナは新しい環境に戸惑って、あんなにハイテンションになっていたのだろう。昨晩ナナは夜中に突然起きて、熟睡の娘の顔をぺろぺろなめ始めた。いとおしくてたまらない、というふうに。ナナは私たちの会話を全部、わかっていたのかもしれない。「ねえ、ナナ」私がカメラを向けると「何?」と首をかしげる。娘にいろいろ教わった夏だった。子育ての基本、「信じて、見守る」を彼女はちゃんと実践していたのだ。首かしげルーシー
09:18  |  引越前のブログ記事(未分類)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。