09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ハロウィンのパンプキンパイ

2010.10.31 (Sun)

パンプキンパイ2010w

かぼちゃをほぼ1個使いました。

昨日は娘の部活の仲間が我が家に集結したので、パンプキン・パイを焼いてあげた。うちにある一番大きなパイ皿で、一年ぶりのパンプキン・パイ。スパイスのきいた「かぼちゃ感」たっぷりのパイが焼き上がりました。
パイはバニラアイスと一緒に食べるとおいしいの。まだあたたかいパイとアイスのコンビネーションがたまりません。

これから、紅玉リンゴが出回ると、アップルパイを焼きましょう。

うーん、食欲の秋ですなあ。
スポンサーサイト
15:46  |  スィーツ  |  Comment(0)

バジルチーズフォカッチャ

2010.10.23 (Sat)

バジルチーズフォカッチャw

このフォカッチャとスープがあれば、何にもいらない

休みの日は、パイかパンを焼いたり、パスタマシンで遊ぶことが多い。
とりわけパンは、こねる作業が楽しいし、発酵させたり、形を作ったり、あとパンの焼きあがる匂いがキッチンに充満するひとときが、幸せの象徴のように思える。
夫がとにかくパン好きで、少々失敗しても、うまいうまいと馬のように食べてくれるので、これがまたいいモチベーションになる。

そうそう、その夫(最近マダムの旦那だからムッシュと呼ばれる)が、7冊目の本を出版しました

タイトル「イングランド王国前史」ーアングロサクソン七王国物語
      桜井俊彰著  吉川弘文館発行  

イングランドという言葉は、もちろんサッカー代表チームでおなじみ。そのイングランドができるもっと前、日本でいうなら「大化の改新」とか奈良・平安時代のころのブリテン島に割拠した数々の王国のお話です。

実は私は日本史受験だったから、世界史はチンプンカンプン。そんな私でも、実にわくわくとページをめくれる歴史書です。というか、この時代のブリテン島の王国のお話なんて、いままで日本で紹介されたことないので、世界史の知識がなくったって、ぜんぜん大丈夫。

読んだ後、「うわー賢くなったわぁ」と実感できます。ハウツー本もいいけれど、純粋にアカデミックな読み物は秋の夜長にぴったりですね。

そもそも私たち一家がロンドンに行ったのは、夫が「英国史の勉強をしたい」と一念発起、ロンドン大学の大学院に入っちゃったからなんです。家族を連れての私費留学だったので、周囲は唖然としてましたね。そりゃそうですよ。会計学とかマネジメントとかお金になりそうな資格を取りに行くわけではない。英国史ですからね。しかも研究テーマはウェールズですから、はっきり言って「オタク」の領域です。

でも虫のように勉強している夫をよそに、私と娘はロンドン暮らしを満喫してきました。
あの暮らしがあったからこそ、私は料理の楽しさにめざめることができたし、娘は自分で道を切り拓くたくましさを身につけた。
ロンドンという町は夫にも私にも娘にも一生の「宝物」を与えてくれたなあ、とつくづく思います。
00:09  |  パン  |  Comment(0)

生青海苔の佃煮おにぎり

2010.10.12 (Tue)

生青海苔のおにぎりw

「生青海苔」を知らなかったなんて・・・・

こんなに海藻類が好きな私ですが、実は今まで、「生青海苔」なんて、ぜんぜん知りませんでした。雑誌のグラビアで生青海苔の佃煮を見て、「食べたい!」と近所のスーパーに行ったら、生ひじきの横にちゃんと売っているんですね。しかも意外とお安い・・・。

そうだ、佃煮にしなきゃって、みりんとお砂糖としょうゆを適当にいれて煮てみたら、10分ほどで、あっさりした「ごはんですよ」みたいなのができました。

ビンに詰めてごはんのおともにしていたのですが、今日はふと思いついて、わさびをいれて、おにぎりの具にしてみました。美味!!!!!

我が家の定番になりそうです。

♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらポチッとお願いします

17:16  |  ごはんもの  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。