10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

娘のロンドン土産

2012.11.27 (Tue)

スパイスティーw

英国土産はスパイスティー。

ムッシュが先週誕生日でした。
還暦ですよ。
私も来春55歳。

私が社会人になった1981年はまだ、多くの会社が55歳定年だった、と記憶している。
そっかー、そんな年かー。
ちなみにムッシュは年金の受給手続きをしている。
「あれ、年金って65歳からじゃなかったの?」と聞くと、娘が生まれる直前まで勤めていた広告プロダクションの会社員時代のものだって。ふーん、こんなちょっとでもちゃんといただけるんだー。と妙に感心してしまった。

今年23歳になった娘はもうすぐロンドン旅行から帰ってくる。7歳のときに住んでいたロンドンを日本人学校の時の友人と一緒に再訪しているのだ。

私たち夫婦は結婚して5年間、共働き生活を謳歌していた。あるときムッシュが耐えられなくなったのだろう。
「頼むから産んでくれ。後は何とかする。」と宣言。私の妊娠を機に本当に会社を辞めてしまった。
コピーライターなら自営ができて、育児と両立できると踏んだ、と本人は言うが、絶対ムッシュは、ジョン・レノンの真似をしたかったのだと思う。

主夫になったジョンがショーンを乳母車に乗せて、セントラルパークを散歩するシーンはめっちゃカッコよかったもん。

ちなみに娘は長崎屋の遊具が大好きで、ムッシュはおしゃれな公園ではなく、屋内遊技場で娘にガチャガチャをせがまれたり、保育園の餅つき大会に駆り出されたり、理想とはちょっと違うけれど、育児のほとんどを担ってくれた。いつも家にパパがいた。

だから、広告業界に見切りをつけて、歴史を学びにイギリスへ行きたいとムッシュが言ったとき、別々に暮らすことなんて考えもしなかった。そう、私も退職。一家三人無職になって、貯金をはたいてロンドンに行っちゃったのです。

私の同期からは「かわいそー。ご主人のためにキャリアを捨てたのね。」とずいぶん同情されたけど、私たち一家のロンドンでの一年半は宝物でしたね。ムッシュは勉強ばかりしていたし、私は毎日料理ばかり作っていた。週末は家族で公園で散歩に来ているワンちゃんと遊んだり、ダウンタウンで大道芸を見物したり、お金がなくても楽しかったなあ。

娘がロンドンから帰ってきた。
子供のころ近所のお店でよく買ったキンダーサプライズのチョコやポテトクリスプスがスーツケースからどっさり出てきた。
「よかったよー。ロンドン。定住したいな。」
ムッシュにロッドスチュワートのクリスマスソングのCD、私にはノッティングヒルの本屋で平積みで売られていた料理本を手渡しながら、おおはしゃぎだ。このスパイスティーもハロッズで買ってきたもの。ショートブレッドとチョココーティングのレモンはフォートナム&メイソンです。

明日から会社だからとぐうぐう寝てしまった娘を見ながら。ムッシュは「僕らのロンドンは大正解だったね。」と
つぶやいたのでした。。。。

※ちなみに、私たちのロンドン生活はムッシュが「僕のロンドン・家族みんなで英国留学」という本に綴られています。中古ならまだ手に入るかもしれません。よろしく


♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね

スポンサーサイト
18:13  |  おうちのこと  |  Comment(0)

洋梨のコンポート。ボジョレーヌーボーを使って。

2012.11.17 (Sat)

洋ナシのコンポートw

私はあっさりめのコンポートが好き。

最初は洋梨でオートブルを作って、ボジョレーヌーボーといただこうと思ったのだけど、今日は午後から冷たい雨が降ってきて、おまけにムッシュも娘も外出中。自分のためにコンポートを作ることにしました。

ワインとスパイスがくつくつ煮える素敵な匂いがキッチンに広がって、とてもいい感じ。これはヨーロッパの匂いだなあ。ドイツのクリスマスマーケットを思い出すわあ。くくく、かっちょええー。

煮る時間はたった15分。あっという間ね。冷蔵庫で冷やす時間も待てないからちょっと冷ましてすぐ食べちゃった。

朝からドリップしておいたヨーグルトに合う!
一人で「うまうま」とつぶやきながら食べていました。

早くみんな帰ってこないかなあ。
たわいない会話を楽しみながら、お家でみんなでご飯を食べる。
これが一番の幸せなんだろうなあ。

でもナナとだらだら過ごす雨の休日の午後も悪くないなあ。


♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね



このレシピは次のページに掲載しています。

             
15:47  |  スィーツ  |  Comment(0)

15年ぶりのビクトリアスポンジケーキ

2012.11.12 (Mon)

ヴィクトリアスポンジケーキw

いかにも英国な、ケーキです。

スポンジケーキと言っても、日本のロールケーキでおなじみのふわふわのではなく、丸く焼いたパウンドケーキみたいな感じです。ラズベリージャムをはさんで粉砂糖を振っていただきます。
今回は18センチの丸型で焼いて、半分にカットしたけれど、本当は、サンドウィッチティンと呼ばれるパイ皿みたいな型で2枚焼き、ジャムをはさみます。サンドウィッチティン、欲しいなあ。焼き時間も短縮できるしなあ。でも、うちのオーブンに型が2台も入らないしなあ。

ビクトリアスポンジケーキをロンドンの料理学校で教えてもらったのは、15年前。なぜか記憶から消えてしまい、イギリス仲間がFBで紹介していたのを見て、「そうそう、これこれ」と今回古いレシピ本を引っ張り出して作ってみました。

娘は、「わー、おいしいー。今月ロンドンへ行くから。サンドウィッチティン、買ってきてあげようか?」と言ってくれるけど、このケーキけっこう高カロリーだしなあ。あと何回くらい焼くかしらね。今回は15年振りでしょ。私の寿命考えても、あと3回くらい?

「人は、3回ビクトリアスポンジケーキを焼いたら、死ぬ。」とおごそかに娘はつぶやく。

おいおい、それはないよ。



♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね



このレシピは次のページに掲載しています。

             
01:17  |  スィーツ  |  Comment(0)

黒い煮っ転がしとリンゴサラダ

2012.11.06 (Tue)

黒煮込みとりんごサラダw

みそと黒ゴマで根菜をこっくり煮ます

にんじん、大根、ごぼうの煮っ転がしをパワーアップ。リンゴとキャベツのサラダにも山芋のガレットを添えて、すごいごちそうになりました。朝から雨がやまない休日だけど、冷蔵庫の残り野菜でごちそうができた日はとても嬉しい。
ビール(やっぱりグリーンラベルでしょ)と合う合う。

娘が就職して2年目になり、仕事も慣れてきたようだ。つらいこともあるようで愚痴をこぼすこともしばしば。
そんな時に聞いてみる。
「就活のときとどっちがつらい?」
娘は即答える。
「就活に決まってるじゃん。」
そして、二人で言い合う。
「あのじじいの言ってたことは間違っていたかもね。」

3年前、娘は就活でことごとく玉砕していた。選考が進んでも、2次面接で落とされる。毎日毎日エントリーシートを書いては、「もうこれ以上『自己分析』できないよう」と泣いていた。
そんなとき、娘の大学の部活の先輩が「名簿はできたか?」とメールをよこしてきた。先輩と言っても60代。武道系の部活だからOBがやたらいる。
「就活が大変で。」と返信するもそのじじいは「就活くらい何だ。社会に出るともっともっとつらいことがある。与えられた役割をきちんとこなせないようでは、りっぱな社会人になれんぞ。」と説教をしてきた。

この不景気、正社員になるために必死の学生を企業はいやらしく選抜する。企業だっていい人材を確保するために必死だ。

このじじいは高度成長の真っただ中、競争社会で大変だったかもしれないが、幸せな会社人生を過ごしたはずだ。少なくとも娘のように、社会の入口で、「お前はいらない」と残酷な通告を何度もされるようなつらい仕打ちは受けていないだろう。(ちなみに娘は50回も落とされている)

じじいの言っていることは、多分「正論」だと思う。
でも、それを、弱っているものに振りかざすのはどうかと思う。

振り返って、私自身も反省しなければいけないなあ。
最近、若いもんに向かって、「正論」をぶちまけ、いい気になっていないだろうか。
相手の気持ちに寄り添わないで、不用意に人生論を語り、「とにかくがんばれ」みたいなことを言ってないだろうか。

そんなことを考えた、雨の休日の午後でした。


♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね



このレシピは次のページに掲載しています。

             
14:31  |  ごちそう  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。