12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ヨーグルトパンケーキ

2013.01.23 (Wed)

ヨーグルトパンケーキw


ガーリーなティータイムに。

プレーンヨーグルトでのばした生地はあっさりしています。材料をつぎつぎ混ぜていくだけだから、本当に簡単。ホットプレートで小さめに焼いていきます。先日のイチゴソースと、こちらもプレーンヨーグルトをドリップして、クリームチーズみたいになったクリームを添えれば、ヘルシーなパンケーキの出来上がりです。

娘が先日東京ディズニーシーで買ってきたストロベリーティーと一緒に、女の子らしいコーディネートで頂きました。気分が上がります。

ところで、

今回使った小岩井のプレーンヨーグルトですが、「小岩井」って、人の名前ではないんですよ「小岩井農場」の創始者である小野義真、岩崎彌之助、井上勝の3人の姓の頭文字の「小」、「岩」、「井」の一文字ずつをとり、それらをつなげて付けられています。 井上は当時の鉄道庁長官で、「鉄道の父」と呼ばれています。いわゆる「長州ファイブ」(幕末期、英国へ密航した長州藩の5人の志士)の一人です。すみません。彼の肖像があまりにダンディーだったので、説明がくどくなりましたね。
映画「長州ファイブ」も面白いですよ。

♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね



このレシピは次のページに掲載しています。

             
スポンサーサイト
21:22  |  スィーツ  |  Comment(0)

いちごソースを作りましょう。

2013.01.21 (Mon)

いちごソース材料w

イチゴが7粒あったなら。

イチゴのソースを作りましょう。

イチゴ7粒をたてよこにカットして、耐熱ボウルに入れ、お砂糖を大さじ3杯。レモンをぎゅっとしぼって、レンジでチン。1分たったら泡をすくって、また40秒チン。これを2回ほど繰り返したら、出来上がり。

加熱イチゴw
22:44  |  スィーツ  |  Comment(0)

絶対的ビールの友「コテージ・パイ」

2013.01.06 (Sun)

コテージパイカット1w

いいビールにはとびきりのごちそうで。

いきなり特定商品をおすすめします。
「グランドキリン」をご存じですか?
セブンイレブンでしか買えない、キリンの高級ビールです。

ビール好きのムッシュが「おおこれはうまいぞ」とはしゃいでいた。
我が家の近所にはセブンイレブンがないので、駅向こうのお店までリュックをしょって時々買い出しに行ってます。

このビールを飲むとロンドンのパブを思い出す。
ロンドンのパブでイギリスのおじ様たちは、一杯のビールをそれは大切においしそうにゆっくりと飲んでいた。イギリス人はぬるいビールをちびちび飲んでやがる、と陰口を言う人もいるが、私はこのパブの風景が好きだった。

今朝からグランドキリンを飲もう、と決めていた。
おかずはイギリスの家庭料理「コテージ・パイ」。多分パブメニューにもあると思う。
「パイ」と名がついているがパイ生地を使っているわけではない。牛ひき肉を野菜と一緒に炒めて、マッシュポテトをかぶせ、チェダーチーズをかけて焼いたものだ。ちなみにイギリス人はマッシュポテトでフタをするのが好きで、こういうのを全部「パイ」と呼んでいる。ホワイトソースの魚介グラタンにポテトでフタをした「シーフードパイ」、コテージパイをラム肉で作ったおなじみ「シェファーズ・パイ」というのもある。
どちらもビールに合います。

コテージパイは見た目が豪華な割には、とても簡単に作れるし、誰もが好きな味なので、パーティーの一品に重宝します。

社会人2年目の娘は、「このパイはビールに抜群に合うね。最近なんとなくわかってきたんだ。このおかずはワインじゃなくて、絶対ビール!!」
ムッシュは、「豊かで善意に満ちた味だなあ。」とか言っている。どうやらビールのことらしい。

成人のお祝いメニューにいかがでしょう。イギリスの家庭料理コテージパイ。

コテージパイw


♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね



このレシピは次のページに掲載しています。

             
13:46  |  ごちそう  |  Comment(0)

ちょんまげプリン

2013.01.04 (Fri)

豆乳プリンw

豆乳プリン。何をかける?

お正月は映画のDVD三昧をしようと決めていたから、
年末にムッシュとTSUTAYAに行っていろいろ借りてきました。

ずいぶん前の映画だけどお正月っぽいから北大路欣也主演「空海」、タランティーノ監督「パルプフィクション」、錦戸亮映画初主演の「ちょんまげぷりん」、ムッシュがなぜか恥ずかしくて一人で借りられなかった「モテキ」などなど。これらは全部楽しめました。他にもいくつか観たけれど絶えきれず中断した作品もあります。お店がおすすめでも、映画は趣味のものだから、面白さが理解できないものがあるのは仕方ありません。

意外にも面白かったのが、「ちょんまげぷりん」。
江戸時代の侍が現代にタイムスリップしてくる、いわゆるタイムトリップものだけれど、ストーリー展開が絶妙で、社会風刺もあり、ちょっとせつなくて、不覚にも娘と泣いてしまいました。
「こんなあほみたいなタイトルの映画でねー」と言いながら、二人でティッシュボックスを回したのでした。。。

シングルマザー役のともさかりえがぴったり。福くんはこの当時まだ本当に小さいのに、天才的な演技力。映画初主演の錦戸君のちょっとぎこちない感じが江戸からタイムスリップしてきた侍ぽくて好感。

で、プリンが食べたくなったので、作りました。ちょうど豆乳もあるし、おせちの黒豆もトッピングに使える。このままでも十分おいしいけれど、くろみつか、メイプルシロップをかけてもおいしい。
私はメイプルシロップが合うと思ったけれど、娘とムッシュはくろみつが和風らしくておいしいそうだ。

おためしください。

♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね



このレシピは次のページに掲載しています。

             
12:41  |  スィーツ  |  Comment(0)

2013おせちでめでとうございます。

2013.01.01 (Tue)

おせち盛り2013w

おせちを作って、おうちでおこもりします。

毎年メニューは固定化してますね。海老も蟹もマグロもステーキもない、野菜中心のわりと質素なおせちです。買ってきたものをそのまま詰めるのは紅白かまぼこくらいかな。あとは手作りです。伊達巻も、はんぺんと卵で安く簡単にできます。基本は実家で母が作っていたものがベースになっていて、娘にも伝承したいなあ、と思っているのですが。。。。。

娘ときたら、ぱくぱくぱくぱく。あきれるくらい食べる食べる。

年越しイベントで元旦のお昼前に帰ってきた娘に、「今年もおせちづくりをちっとも手伝わなかったわね。」と嫌味を言うと、「大丈夫大丈夫。小さい時から食べてるもん。ポテンシャルあるある。レシピさ、データ化しといてくれる?」だって。

結婚した年は何を狂ったか新巻鮭を1本買ってきて、ひいひい言いながらさばいたりしたなあ。
料理ノートはその頃から書き始めていて、もうぼろぼろになっている。
そろそろ、きちんとまとめる時期かもしれない。
手作りおせちはもはや消えゆく文化だと思う。せめて我が家は次の世代に引き継いでもらおう。

本日はおせちと一緒にシャンパンで乾杯しました。
お祝い事には、やはりシャンパンが合う。
チリのスパークリングワイン“SUNRISE”が好き。だって名前がいい。太陽のワイン。

希望に満ちた一年になりますように。


14:36  |  ごちそう  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。