06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ミドリのパスタ

2013.07.30 (Tue)

緑の野菜のリボンパスタw

パスタと言うより、もはや「野菜炒め」

ブロッコリーを中心にオクラとナスをソテーして、リボンパスタを加え、先日作っておいたバジルソースで味付けました。野菜のいろんな食感が楽しめます。

DVDで「ALWAYS続・三丁目の夕日」を観た。
CGで再現した昭和の街並み。みんなすごいというけれど、30年代に育った私としては、少々違和感を感じます。ん~、こんなにロシアの辺境の町みたいな殺風景な感じだったかなあ。思い出の中の風景は美しく補正されているのかもしれないなあ、なんて余計なことを考えながら観てたら、集中できなくなってしまった。

もはや昭和30年代はファンタジーの世界。現実感が希薄なのかもしれない。
小津安二郎の作品が観たくなった。リアル昭和に会いたくなってしまった。
スポンサーサイト
13:33  |  パスタ/麺  |  Comment(0)

シンプルかぼちゃ蒸し

2013.07.23 (Tue)

ぼっちゃんかぼちゃw

冷やしうどんのおともにシンプルかぼちゃ。

関東地方はフェーン現象とやらで、むしむしと不快な暑さです。
こういう日はぶっかけうどんで簡単な昼食、のつもりだったけれど、そうそう、カボチャがあったのだわ。

野菜売り場で見つけた「ぼっちゃんかぼちゃ」。今年も季節になりました。握りこぶしほどの小さなカボチャだけど、甘みが強くてほこほこしていて、私大好き。確か普通のカボチャよりビタミンA含有量が数倍多かった記憶しています。年々存在感が増してきて、作られている産地も多くなっているみたい。競合があるのはいいことで、お値段も今年はぐっと手頃になってますね。(マルエツで198円)

このカボチャを器にして、グラタンなんかを作るとおしゃれだけど、今日はラップにくるんでレンジでチン。種を取って、適当にカットして岩塩をぱらぱら、オリーブオイルをタラー、アーモンドスライスをトッピングして、おしまい。
ケーキなんかに使うスライスアーモンドはちゃんとフライパンでローストしてたっぷり振りかけてください。とてもカボチャに合います。一気にちょっと凝った料理風になります。
ちなみに本日のぶっかけうどんの具は、オクラにみょうが、納豆、わかめ、温泉卵。要するにありあわせです。

ところで、なんでカボチャを買ってきたのかと言うと、昨日借りてきたDVD「極道めし」という映画の影響です。2年位前の映画かな。公開当初から評判が良かったので、見たいと思っていた作品のひとつ。
刑務所の雑居房の受刑囚が、おせち料理の1品をかけて、「今までで一番うまかったメシ」についてエピソードを披露し合う、というシンプルが映画です。ストーリーはないに等しい。舞台は刑務所だから、上品なグルメ映画とは程遠い。でも私、こういう映画好きです。だってコミカルに徹してるもん。
キャベツ入りラーメン、究極の卵かけ御飯「黄金めし」、オムカレーボナーラ、・・・「あたいも食べたい!!」っと叫びたくなるごちそうが続々。
作品中いくつかの思い出の料理が挿入されていてその中の「かぼちゃ団子」が妙に気になって、急にカボチャが食べたくなったわけです。
いつの日か、かぼちゃ団子作りましょ。

♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね

23:27  |  ちょっとしたもの  |  Comment(0)

梅干2013

2013.07.10 (Wed)

梅の土用干2013 w

今年も梅を干してます。

結婚以来、毎年漬けている梅干作業。もう27回になる。
料理というより、理科の実験のような一連の梅作業は、失敗したらやり直しがきかないから、少し緊張しながら続けている。
今年は梅雨明けが早く大丈夫かな、と思ったけれど、うん、大丈夫、いい塩梅に出来上がった。

ゆかり2013w


梅と一緒に干したシソの葉は、「ゆかり」いしている。
今年は、福岡に住んでいる娘のために、おすそわけのボトルを購入しました。その名もイワキの「ふりかけボトル」。グッドなデザインです。

しそ2013w

これは先月漬けた赤紫蘇の全量。
こうやって加工されていく過程が楽しい。日本人としてのプライドもくすぐられます。
「食」は文化だなあ、とつくづく思います。

11:02  |  野菜のお話  |  Comment(0)

そら豆の翡翠煮

2013.07.02 (Tue)

そら豆の翡翠煮w

やさしい甘さときれいなヒスイ色。大好き。

店頭にソラマメが出回る初夏、必ず作ります。
あまーいソラマメ。
なつかしい味。実家では、母がよくエンドウ豆を甘く煮ていたなあ。

さて、そらまめ。ちょっと箸休めに、と思って作ったけれど、ムッシュはものすごく感激して、
「おお!なんと尊い味だ。季節のごちそうだな。日本人に生まれてよかったと
心から思うよ。」

ムッシュがこういうおおげさな物言いをするときって、だいたい直前まで読んでいた
本とか直近の事件などの影響を受けている場合が多い。先日太平洋上で遭難したニュースキャスター氏が
海上自衛隊の献身的な救助に、「日本人でよかった」と涙ながらに記者会見していたコメントが刷り込まれてるな。

さっきも、「お昼ごはん、あんなに食べたのに、夕方になったらちゃんとお腹すくのね。」と
なにげなく言ったら、「うむ。実に人間は罪深いよな。『人はパンのみによって生きるにあらず』っていうけどさー。キリストみたいな境地にはなかなかなれないよな。」ときた。

どうした、ムッシュ。聖書でも読んでたか。

♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね



このレシピは次のページに掲載しています。

             
20:29  |  ちょっとしたもの  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。