07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

納豆トマトアボカド丼

2011.06.07 (Tue)


アボカドトマト納豆丼 w




火を使わないけど栄養満載、10分どんぶり。

納豆とトマトはだいたいいつも我が家の冷蔵庫に入っている。アボカドはあたりはずれがあるから、余分に買うことが多くて、いつも常備されている。

ささっとできるから夏場の定番どんぶりです。

ところで

来週休暇を取ることになった。
旅行に行くわけではなく、梅干しを漬ける時期に合わせて6日間の休暇です。
この機会に「大掃除」をしよう、とも考えている。電車の広告で見つけた「かたづけ」の本が駅ビルの本屋で平積みになっていた。立ち読みしてみると、「片づけかたなんて、誰も教えてくれなかった。親だって『片づけなさいっ!』って言っているだけ」
確かに。
お料理とか英語の勉強法とかなら、具体的に解説できるかもしれないけど、私も娘にやみくもに「かたづけなさい」としか言ってこなかったな。

そうだ、この本、娘に読ませようっと。
・・・・本当は自分が読みたいだけなんですけどね。

特にお洋服とか「また流行がめぐって着られるときがくるかも」とついしまいこんでいるけど、再び着ることってないのよね。

私は若いころ「アン・テイラー」の服が好きだった。赤いジャケットもよそ行きに買ったけど、2回くらいしか着なかったな。だいたい「赤いジャケット」だもん。

娘が中学生のころ、仲のいい先輩が演劇サークルに入っていて、「ルパン3世」をやることになったらしい。「まさか母さん赤いジャケット、持ってないよね」
「あるある!」
「うへー何この肩パット、これを普通に着てたの?」
そうです。当時は普通のサラリーマンが紫のジャケットを持っていた時代です。

かくしてタンスの肥しとなっていたあのジャケットに15年ぶりに文字通りスポットライトがあたったのです。
でも、娘の友達に演劇をやる子がいて、その子がルパン3世の役をやる可能性は、人生においてどのくらいだろう?


♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね


]作り方は次ページへ。
↓  ↓   ↓

More・・・

<材料>  2人分
アボカド  1個
トマト   1/2個
納豆    1パック

のり
ゴマ
青ネギ

たれの材料

しょうゆ 大さじ1.5
みそ   小さじ1
わさび  小さじ1
オリーブ油 小さじ1

<作り方>

1.アボカドとトマトは1センチ角に切り、納豆はかきまぜておく。
2.たれの材料を混ぜてボウルにいれる。
3.そのボウルにアボカド、トマト、納豆を入れ、かるく混ぜる。
4.どんぶりにご飯をもり、海苔をしき、3.の具材をもりつけ、ゴマや青ネギを散らしてできあがり。
スポンサーサイト
15:32  |  ごはんもの  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。