10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ドライ大学いも。

2012.10.21 (Sun)

さとういもd

「大学イモ」はベタつくでしょ?

日はみじかくなっているのに、日中の日差しはまだ夏みたい。でも秋です。食欲の秋です。天高く馬肥ゆる秋です。
あー、さつまいも食べたい!!

で、つくりました。最初大学イモのつもりだったのですが、ちょっと面倒だし、今日はベタベタの気分ではなかったので、水分をへらして、その名も「ドライ大学イモ」。いぇい。

さつまいもには、ねっとり系とほくほく系がありますよね。私はどちらも好き。今日のは「紅あずま」だからホクホク系かな。

日本茶といっしょに頂きました。ムッシュはさつまいもを食べると必ず「かんしょ先生」の話をする。
ムッシュが子供の頃住んでいた目黒の家の近くに、目黒不動尊があってそこに青木昆陽のお墓がある。私も見たことがある。参道の脇にわりと無造作にお墓があったのを覚えている。地元の人に愛されているのだろう。よく手入れがされていて、お供え物もいっぱいあったっけ。
徳川吉宗の時代、サツマイモの栽培普及につとめた学者さん。日本史受験の人は覚えてますよね。

てなわけで、うちではおいしいさつまいもを食べたとき、「ありがとう。かんしょ先生。」と必ず言います。

♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね



このレシピは次のページに掲載しています。

             

More・・・

<ドライ大学イモ>

◆ 材料
 さつまいも  1本
 グラニュー糖  大さじ3
 水       大さじ1
 揚げ油     適宜
 黒ゴマ     少々

◆作り方
 1.さつまいもは皮をむき、一口大に切り、10ほど水に浸し、ペーパータオルなどで水気をふく。
 2.揚げ油中温で7分ほど揚げる。こんがりとカリカリに。
 3.鍋に砂糖と水を入れ、弱火にかけ、菜箸でくるくる混ぜながら溶かす。
 4.熱々のさつまいもを入れ、かき混ぜて、黒ゴマを散らしてできあがり。 
スポンサーサイト
22:09  |  スィーツ  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。