10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

15年ぶりのビクトリアスポンジケーキ

2012.11.12 (Mon)

ヴィクトリアスポンジケーキw

いかにも英国な、ケーキです。

スポンジケーキと言っても、日本のロールケーキでおなじみのふわふわのではなく、丸く焼いたパウンドケーキみたいな感じです。ラズベリージャムをはさんで粉砂糖を振っていただきます。
今回は18センチの丸型で焼いて、半分にカットしたけれど、本当は、サンドウィッチティンと呼ばれるパイ皿みたいな型で2枚焼き、ジャムをはさみます。サンドウィッチティン、欲しいなあ。焼き時間も短縮できるしなあ。でも、うちのオーブンに型が2台も入らないしなあ。

ビクトリアスポンジケーキをロンドンの料理学校で教えてもらったのは、15年前。なぜか記憶から消えてしまい、イギリス仲間がFBで紹介していたのを見て、「そうそう、これこれ」と今回古いレシピ本を引っ張り出して作ってみました。

娘は、「わー、おいしいー。今月ロンドンへ行くから。サンドウィッチティン、買ってきてあげようか?」と言ってくれるけど、このケーキけっこう高カロリーだしなあ。あと何回くらい焼くかしらね。今回は15年振りでしょ。私の寿命考えても、あと3回くらい?

「人は、3回ビクトリアスポンジケーキを焼いたら、死ぬ。」とおごそかに娘はつぶやく。

おいおい、それはないよ。



♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね



このレシピは次のページに掲載しています。

             

More・・・

《材料》

バター 110g
グラニュー糖 110g
卵   2個
バニラエッセンス 少々
薄力粉  110g
ベーキングパウダー 小さじ1、5杯
ラズベリージャム  大さじ5
粉糖


《作り方》
1.18センチの型に合わせてクッキングシートを敷く。薄力粉とBPを混ぜてふるっておく。
2.オーブンを180℃に温めておく。
3.ボウルに室温に戻したバターを入れ、グラニュー糖を加えながら、木べらですり混ぜる。
4.別のボウルに卵をよく溶き、3.のボウルに少し入れては、混ぜ、少し入れては混ぜ、を繰り返す。
5.よく混ざったら、バニラエッセンスを入れ、粉を3回くらいに分けてふるい入れていく。
6.型に流し込み、オーブンにいれて、約30分~40分焼く。
7.型から出し、粗熱が取れたら半分いカットし、完全に冷めたら、ジャムをはさみ、粉砂糖を振る。
スポンサーサイト
01:17  |  スィーツ  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。