10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

定番焼きリンゴ

2012.12.11 (Tue)

焼きリンゴホール w

甘酸っぱさがたまらない。

紅玉リンゴをパカンと切って、バターとさとうとシナモンと干しブドウをちゃちゃっと詰めて、赤ワインをどばどばかけると、あとはオーブンにおまかせ。
冬のおやつの定番、焼きリンゴの出来上がり~。

私には7つ上の姉がいる。

三重の実家から姉が大阪の短大に通っていて、小学生の私に「都会」の風を運んできてくれた。
7つも違うから、小学生の私には、まさに大人。
「すごいお店ができたんやで。」と日曜日に難波に連れて行ってくれて、そこで初めてマクドナルドのシェイクを
二人で半分こして飲んだっけ。おっきいなあ。すごいなあ。このシェイク。すっごいなあアメリカ。

そんな姉が、「焼きリンゴ作ったる。」と雑誌を見ながら、お鍋で焼きリンゴ(蒸しリンゴ)をよく作ってくれた。
国光リンゴ(懐かしい!!)の芯をくりぬいて、バターと砂糖とシナモンを神妙に詰める姉。
わくわくしながらお鍋をあけたら、とろとろのリンゴが出現。

母も呼んで三人で、この「ちょっとおしゃれなおやつ」を食べたものだった。
だって、シナモンは大阪のデパートにしか売ってなかったもん。
父が亡くなって、まだ間がなくて、あのころ姉も家を支えようと必死だったのだろうな、と今になって思う。

焼きリンゴは、三重の実家の台所の土間を思い出させる、ちょっと懐かしいおやつなのです。。。。

♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね



このレシピは次のページに掲載しています。

             

More・・・

焼きリンゴの作り方(4人分)

※有本葉子さんのレシピのアレンジです。

紅玉  2個
レモン汁  1/2個分
レーズン  大さじ2
無塩バター大さじ2
てんさい糖  大さじ5
シナモンパウダー  適量
お好きなワイン  150cc

オーブンは180℃に温めておく。

1・リンゴは半分にカットし、芯の部分をくりぬき、耐熱皿に並べる。
2.砂糖にシナモンをまぜてリンゴの穴に3分の2をつめ、レーズンを入れてバターをのせる。リンゴにレモン汁をかけ、残りのシナモンシュガーもリンゴの表面にかける。
3.ワインを耐熱皿にそそぐ。甘めがお好みなら、ワインにも砂糖をちらしてもOK。
4.オーブンで約20分焼いて出来上がり。
  あつあつをバニラアイスクリームと一緒に食べるのが好き。
スポンサーサイト
17:01  |  スィーツ  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。