10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ヨーグルトパンケーキ

2013.01.23 (Wed)

ヨーグルトパンケーキw


ガーリーなティータイムに。

プレーンヨーグルトでのばした生地はあっさりしています。材料をつぎつぎ混ぜていくだけだから、本当に簡単。ホットプレートで小さめに焼いていきます。先日のイチゴソースと、こちらもプレーンヨーグルトをドリップして、クリームチーズみたいになったクリームを添えれば、ヘルシーなパンケーキの出来上がりです。

娘が先日東京ディズニーシーで買ってきたストロベリーティーと一緒に、女の子らしいコーディネートで頂きました。気分が上がります。

ところで、

今回使った小岩井のプレーンヨーグルトですが、「小岩井」って、人の名前ではないんですよ「小岩井農場」の創始者である小野義真、岩崎彌之助、井上勝の3人の姓の頭文字の「小」、「岩」、「井」の一文字ずつをとり、それらをつなげて付けられています。 井上は当時の鉄道庁長官で、「鉄道の父」と呼ばれています。いわゆる「長州ファイブ」(幕末期、英国へ密航した長州藩の5人の志士)の一人です。すみません。彼の肖像があまりにダンディーだったので、説明がくどくなりましたね。
映画「長州ファイブ」も面白いですよ。

♪レシピブログランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね



このレシピは次のページに掲載しています。

             

More・・・

◆材料 
(パンケーキ)
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ2
卵  2個 
グラニュー糖   40g
塩  ひとつまみ
プレーンヨーグルト    150g
サラダ油  大さじ 2
バニラエッセンス 少々
(イチゴソース)
イチゴ 7粒 (100g)
グラニュー糖  50g
レモン汁  小さじ2
あればキルシュ 少々

■ 作り方
 (薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく)
1.ボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖を加えて泡だて器ですり混ぜる。
  塩、ヨーグルト、サラダ油、バニラエッセンスを加え、全体がなめらかになるまで混ぜる。
2.ふるった粉類を一度に加え、泡だて器でさらに混ぜる。
3.粉っぽさがなくなるまで混ぜたら、ラップをしてそのまま30分休ませる。
4.その間、イチゴソースを作る。イチゴは洗って水気をふき取り、ヘタを取って四つ割り程度にカットする。
5.耐熱容器にイチゴ、グラニュー糖、レモン汁、キルシュを入れてさっと混ぜ、電子レンジ(500w)で約2分加熱する。
6.いったん取り出し、泡をスプーンですくい取って、再度1分加熱する。これをもう一度繰り返したら、イチゴソースの出来上がり。
7.ホットプレートを中温に温め、薄くサラダ油(分量外)をひき、低温にして3.の生地をスプーンですくい、直径8センチに丸く焼く。
8.表面にブツブツ穴があいてきたら、裏返し、反対側もうすいキツネ色に焼く。15枚くらい出来る。
お好みで粉糖をふったり、ホイップクリームなどを添えて頂く。


スポンサーサイト
21:22  |  スィーツ  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。